スポンサーリンク

天文機材とツール 星空と宇宙のお話し

「ぎこぎこ・こぐごぐ天文部」開設準備進行中!

投稿日:2014-11-30 更新日:

ご無沙汰です!

東北ツーリング以降仕事も忙しく休日出勤が多かったり
たまの休みは天気が悪くて出掛けられなくて・・・

そんなこんなで出掛けること無く新調したコタツでウトウトしていたんだけど
実はある準備にいそしんでいた

ある準備とは・・・そう!

「ぎこぎこ・こぐごぐ天文部」開設!

7162452277_1c08719f0c_b

え~っとですね
キャンプ場で見た満天の星空&天の川が、頭の中に焼き付いて離れないのですよ

またお金が掛かるしなぁ
バイクじゃ持っていけるモノも限られるしなぁ
なんて事も考えてしまうと尻込みしてしまうのだけど・・・

まあ、ちょっとずつ始めちゃおっかな!
なんて(笑)

実はカメラはすでに10月に購入済みだったりする
じゃん!

P1030914_R

ホディで購入したカメラは前々から言っていたPENTAXのミドル機「K-5ⅡS

一つ下のクラスのK-50とかでも良いかなと思ってたんだけど価格.COMのこんなクチコミを見てしまったらもう駄目です(笑)

マグネシウム製のボディもメカ好きの心をくすぐるんだよね
価格もデジイチのミドル機にしては安い!(購入時点では6万円を切ったあたり)

それに、クチコミに書いてあるけど、本来「天文ガイド」なんかに投稿されている写真は、赤い星雲?が写り易いように天体向けに改造されたカメラを使っていることが殆んどなんだけど、このカメラはノーマル状態でそういった改造カメラに近い写りをするらしいんだよね

そ・れ・に・
PENTAXのカメラには他社には無い秘密兵器があるのですよ!
アストロトレーサー O-GPS1

P1030919_R

 

コレをこんな感じでカメラのホットシュー(ストロボを付けるとこね)に付けるだけ

P1030920_R

星は日周運動をしているので、淡い星を写そうとバルブ撮影(長時間露光)すると星が流れて線になってしまう
それを解消するには星の動きに合わせて、赤道儀と言われる装置で星を追っかけなきゃいけないんだけど、これまた一式揃えると高いし重いしで、とてもツーリンクのお供には無理

ところがこのアストロトレーサーを使うと、簡易的ながら星を追っかけて星が点で写る!
(仕組みはコチラ)
astrotracer_img01

 

カメラ本体とアストロトレーサー、他にも天体写真には色々必要なのがあるので、コツコツと集めた

カメラの次はレンズ
カメラ道には「レンズ沼」という深~い深~い沼があり、凝り出したら大変らしいけど・・・

そんな予算はありません!

ということで、コレまた価格.COMのクチコミを参考に防滴仕様のDA18-55mmF3.5-5.6AL WRを中野の某カメラ屋で一万円を切った価格で見つけたのでゲット
(上の写真に写っているヤツね)

後はヤフオクで1500円で落札した30年?ぐらい前のレンズSMC PENTAX-M 50mm F2.0

P1030913_R

 

コレはレンズとしたらゴミのような値段だけど、こんな感じに写るらしい
オリオン座

img_0

 

あと、同じオールドレンズで望遠をもう一本、きのう落札
PENTAX-M 200mm F4

100075_PENTAX_200mm_F4(3)

 

コレも5000円以下と格安

次は三脚
天体写真において、三脚は軽視しちゃいけないところらしい

望遠レンズとかを積むことを考えると、パイプ径が30mm以上のガッシリした物をって言うんだけど、まあ今まで見たことも聞いたこと無いSLIKやGitzo、なんてカメラ業界では有名ドコロの大型三脚は恐ろしい値段がする(5~10万前後?)

まさかそんな金額のモノは選べるはずもなく
ボクが選んだのは中華メーカー? BENROのA4570Tという三脚

P1030908_R

アルミ製で重さは2.99kg、パイプ径は36mmで極太、耐荷重は25kg(ホンと?)!
ネットでの評判も悪くないし、確かにガッチリしてる

パッド入りのケースまで付いてくるので、中華という事を差し引いてもかなりコスパ高しな印象
ゆくゆくはポータブル赤道儀と6~8cmぐらいの望遠鏡を載せてみたいしね
ケースの寸法もLOGOSのあぐらイスと変わらないからバイクにも載るはず

P1030924

 

三脚の上には雲台(コレも存在を知らなかった(笑)
雲台は悩んだ挙句、自由雲台や値段の高いギア付き雲台は諦め、天体撮影に特化したミザール(懐かしいィィッ!)のK型微動マウントが、半額で見つかったのでコレを購入

P1030911_R

 

あとは天体写真に必須と言われているリモコンレリーズとソフトフィルター

P1030918_R

 

デジイチに触ることも初めてなら、天体写真なんてマニアの世界だと思っていたので、お決まりの教本

P1030916_R

 

準備はだいたいオッケー

後は実際に撮影するのみ!
日本全国、星空を求めキャンプツーリング・・・なんて出来たら良いなぁ

6cf0e231

 

さて、ちょっと試してみるか
・・・あれ?
・・・はまらない?

やはり素人、簡単にはいかないのであった
(@Д@; アセアセ・・・

そのうちの次回へ続く

百人十色、色んなツーリングがあるよね ⇒ バイクブログ 初心者ライダーBlog集へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ

こんなコトも書いてます

-天文機材とツール, 星空と宇宙のお話し

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 AllRights Reserved.