天文機材とツール

最後の購入!?天体望遠鏡はもう買いません?BKMAK150紹介編

投稿日:2016-12-19 更新日:

こんばんはッス!
ちょっとまだ風邪は直ってないけど、カラ元気のKENです

さて昨日の続きです
今日はタカハシ「ミューロン180C」の詳細・・・じゃなくてBKMAK150について

 

その前に
えっと、ココで宣言します

もう天体望遠鏡は買いません!
たぶん・・・3年ぐらいは・・・^^;

屈折、ニュートン反射、マクカセ揃い踏み!

p1050121_r

 

なんて昨日も書いたけど、最近はちょっと機材に走りすぎたと反省してます
......(m。_ _)/ ハンセイ

「お手軽&簡単を、とっつきやすい金額で!」
なんて言っていたけど、色々と見たり撮れたりしてくると、質は求めないものの
「もっと色んな世界を!より深く!」なんてね

分かってますよ、皆さんの言いたいことは
「FC-76DCですら、まだまだ撮っていない対象が山ほどあるじゃないか!」

ごもっとも!
でもほら・・・ポチってしまいましたからね^^;

 

スポンサーリンク

 

という訳で最後の天体望遠鏡になるかもしれない?
Sky-Watcherのマクストフカセグレン鏡筒BKMAK150について

 

dscn9796_r

 

光学形式:マクストフカセグレン式
主鏡有効径:150mm
焦点距離:1,800mm
F値:F12
実用最高倍率:300倍
極限等級:13.2等
バックフォーカス13.875mm
接眼レンズスリーブ径:2インチ(31.7インチアダプター付属)
付属品:8×50ファインダー、アイピースLET28mm、2インチ天頂ミラー
鏡筒長:約400mm
鏡筒重量:5.6kg

 

マクストフカセグレン式とは何か?詳しくはこちらで(笑)

笠井トレーディング「マクストフ概説」

 

いや~、それにしてもこのBKMAK150
同じシリーズのMAK127SPとBKMAK180は検索すると使用例が出て来るのだけど
このBKMAK150は全くと言っていいほど使用例が出てこない

参考にしたのは唯一のレビューとも言えるamazonのレビュー

127と180の谷間に隠れている本機ですが、f=1800mmで2”使用可能。天頂ミラーを介した眼視で広角40mmやミードの56mmのアイピースでも蹴られず、他の2機種より広視界が得られました。さらに接眼部は127や180と異なり50.8mm雄ネジにスリーブがついた構造のため、セレストロンやミードシュミカセ用の豊富なオプションが使用可能。像質はマクストフならではのコントラストに、惑星像も他の2機種に遜色ないシャープネス。双眼装置もバローなしで使え感動的な土星像を見せてくれました。キャリングハンドルが無いのが唯一惜しいところでしょうか。グレゴリー型のため、主鏡のみで光軸調整できる点もありがたい点です。カセグレンタイプのため温度順応が必須事項ですが、時間がかかるといった印象もなく、価格もあいまって掛け値なし5つ星です。

 

これだけ?
えぇコレだけです^^;

 

まあ惑星に関しては「八千星の会」と言う横浜の同好会の方の作例が、かろうじてあります

 

 

 

奇遇にも、上の写真はASI224MCと言う、ASI290MCに性能的に近いカメラで撮られている

いや~、この通り撮れるならボク的には十分
残念ながら星雲・系外銀河の作例は見つけられなかったけど・・・なんとかなるでしょ^^;

ちなみにレビユーにも書かれていたけど、接眼部はCelestronやMEADEなんかと共通そうだから、機材関係で困ることはなさそう

dscn9798_r

 

付属品は8×50ファインダー、アイピースLET28mm、2インチ天頂ミラー

dscn9801_r

 

あとコレも上のレビユーに書いてあった「ハンドルが無い」ってとこ
前の持ち主さんも同じ思いだったらしく、ハンドルを強力な接着剤でくっつけたみたいね

dscn9797_r

 

あとC8-Nの時は、その巨大さにケースが思いつかなくてダンボールごと運んでいたけど
BKMAK150はコンパクトなんで、ビバホームにあったツールボックスにぴったり収まる

p1050123_r

 

(緩衝材は元々の梱包材を少しだけカットして使用)

p1050124_r

計ったようにぴったり!

 

ケースもバッチリだし、CMOSカメラも到着
さあ、後はファーストライトに何時行けるのかだけなんだけど・・・

年末の新月期はツーリングに行っちゃうから、来年かなぁ

 

なんてファーストライトの前に
スゴく今更だけど、ちょっと困ったことに気がついた

SkySafariで画角の確認をしていると・・・
(下はボーデの銀河M81&M82)

img_0252

 

あれ?
系外銀河、収まらないんじゃね?

一番外側の写野はレデューサー無しのFC-76D+K-5Ⅱs

中心部を拡大すると・・・

img_0252-700x519

 

一番内側の四角がBKMAK150+ASI290MCの写野

M82は何とか収まりそうだけど・・・

M81、はみ出すんじゃね?

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… どうするべ

こんなコトも書いてます

-天文機材とツール
-

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.