観望・撮影日記 星空と宇宙のお話し その他星見関係

大人天文クラブ後期第4回は観望会!

投稿日:

こんばんは!

11月から始まった自由学園明日館での公開講座「大人天文クラブ」も、もう4回目
今日は全6回の中で天気の良い日に行う「観望会」でした!

ef47d266-s IMG_20170125_184747 (700x525)

 

最近投稿には載せることはなかったけど、ちゃんと行ってますよ~

 

正直言って「観望会」と聞くと、普段都内からは想像の出来ない星空を遠征で眺めている自分としては「ふ~ん」て感じなんだど、普段仕事終わりに何気なく眺める池袋の宇宙(そら)とは違って、なかな感慨深いものがあった

とは言うものの、三峯神社、内山牧場とか育樹祭記念公園とかと比較したらまあ星は殆ど見えません^^;
でも全く見えないかと言うと、何気なく見ているのと違いじっくりと眺めていると、意外にも星が浮かび上がってくる

まあ、やっと3等星が見えるかどうかぐらいだけどね

 

オリオン座や冬の大三角ははっきり見える
カシオペア座は一番暗いε星セギンが、目を凝らしてやっと見えるぐらい

昴もかろうじてアデバランから天頂方向に目線を移動するとぼんやり見える

それでも内藤先生が用意したVixenのアクロマート屈折式鏡筒A105M鏡筒で皆食い入るように観望

 

「ちょっと山奥に行けば、昴やM42、冬の天の川も肉眼でもが見えるのに!」
ついつい声を出して言いたくなったけど、都内に暮らしている人にとっては、コレでも珍しいのだろね

明日館の庭先から観望会の様子

IMG_20170125_192955 (700x525)

 

そう言えば金星、2月17日に宵の明星としての最大光度を迎えるそうな

topics02-1-s「© 国立天文台」

 

三日月みたいな金星
コレだったら荒川の土手からでも観察できるから見てみようかな

 

そうそう、カノープスも見える季節らしいね

topics01-s「© 国立天文台」

 

内藤先生いわく、東京でのカノープスの高度は2度、地平線から指一本ぶんの高さとの事

近所で見られるトコロを調べて見ると、旧東京天文台堂平観測所で見ることが出来るらしい

 

カノープスは「幸運の星」と言われているらしいから、自分も幸運を探しに堂平山に行ってみようかな(*^^)v

 

そうそうTwitterにはつぶやいたけど、昨日の夜は秩父某所まで遠征してきたよ
(秩父はコンデジでもこれくらい写るよ)

P1000379 (1280x960)

 

SS-one、GPD改の2セットを設置したものの・・・

当初予定の撮影スケージュールは全滅(泣)

 

いや~KENさん忘れ物多過ぎでしょ
ホントいつも何かしら忘れるんだよね^^;

わざわざ福島の鹿角平に遠征に行った時はカメラを忘れたりしてるし(笑)

今回も、USBケーブル、ミラーレスのM1等々
ま、その代わり双眼鏡と望遠鏡でゆっくり観望出来たけどね

オールドレンズでちょっとだけ撮ったので、気が向いたらそのうちに

 

 

こんなコトも書いてます

-観望・撮影日記, 星空と宇宙のお話し, その他星見関係

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.