Hubble Ultra Deep Field 深宇宙、宇宙(そら)に思いを馳せる

 

ボクは毎日風呂あがりにバルコニーに出て空を見上げるのが日課だ

けっして多くは見えないのだけれど、夜空に浮かぶ星々を見ながら「宇宙はどこまで続いているんだろう」なんて、他愛もない思いにふける時間が好きだったりする

 

コレでもボクは中学生時代に「天文ガイド」が愛読書な「宇宙少年」だったのだよ!

 

なんて事はさておき、何日か前、NASAがハッブル宇宙望遠鏡がとらえた 「これまでの中で最もカラフルな深宇宙の写真」という「Hubble Ultra Deep Field 2014」を公開したと言うニュースを見た

「Hubble Ultra Deep Field 2014」

l_sk_hubble_01

 

南天の「ろ座」のごく狭い一角(1度分)をとらえたこの写真

星に見える光のほとんどは銀河で、その数一万個以上!

hud2014_400

 

宇宙って遠大だねぇ

そんな遠大な宇宙の中のちっぽけな銀河系、その中のちっぽけな太陽系の地球という豆粒みたいな星の、さらに小さい日本国埼玉県さいたま市で「はぁ~」なんてため息ついてる自分はなんと小さい存在なのか(笑)

そう考えるとなんか色々な揉め事がどうでもよくなってくる

 

また、天体望遠鏡を買おうかな

でも、バイクじゃさすがに運べないか

 

満点の星空が見える宿に泊まりに行くかな

星に興味のない人も是非一度「ハッブル宇宙望遠鏡」のサイトを見てみてくださいな

potw1119a

opo0929b

Hubble-Captures-View-of-Mystic-Mountain1

heic1006a

heic0409a

 

衝突している銀河、中はどうなっているのだろうね

arp_148

 

 

40代お一人様は意外にロマンチストなのだよ ⇒ ライフスタイルブログ 40代おひとりさまBlog集へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへブログランキング・にほんブログ村へ

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (10件)

  • 私も、小学生の頃、天文クラブに入ってました(笑)
    さらに、天体望遠鏡も買ってもらって、育った田舎の夜空を見ていました。
    あー、いいなー、星。
    壮大なもの見ると、自分が小さく思えて、悩みが消えるっていうこと、あるある。
    奈良のススキで有名なところ(名前が出てこない)では、星がすごく綺麗に
    見えるようですよ。

  • やはりなんか年代的に
    宇宙に憧れる時期があるんですかね?
    私も一時期天体観測がしたくて
    反射式望遠鏡を買ってもらった覚えがあります
    思うに
    宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999などの
    松本零士作品の影響なのでしょうかねぇ?
    σ( ̄∇ ̄;)

  • ■noriさん
    星空、良いですよね
    >壮大なもの見ると、自分が小さく思えて・・・
    あぁ、だからボクは山の中の絶景や星空が好きなのかもしれないな
    風呂あがりのバルコニーでのひととき
    星空観察もあるのですけど、夜景を見ていると「あぁ、この灯り一つ一つの中で色んな人の営みがあるんだなぁ」なんて思って少し心が軽くなるんですよね
    >奈良のススキで有名なところ・・・
    調べてみたら曽爾高原と言うところみたいですね
    色々写真が出てきましたが、確かに星空もメチャきれいそうです
    秋のツーリング候補に入れておきます!

  • ■mobazouさん
    勘違いでなければ、同じDash乗りのmobazouさんですよね
    BORG、ググってみました!
    いやぁ、良いですねぇ
    ミニボーグかBORG77EDIIか
    これだったらバイクにも積めそうですね
    いや、マズイ
    ホントのホントに物欲が沸々と頭をもたげてきます(笑)
    ボーナスで買っちゃうか!

  • ■とださん
    >やはりなんか年代的に宇宙に憧れる・・・
    コレ、絶対あると思います
    スターウォーズにヤマト、999、ガンダム
    この時代は現在のSFアニメ?の礎的な作品がホントに多かったですもの
    ヤマトで「無限に広がる大宇宙」なんてナレーションを聞くとゾクゾクしてきますもん(笑)
    今は無理だけど星のキレイなトコロに住みたいなぁ

  • 天文ガイド懐かしいですね。
    おいらも中学~高校時代に購読してましたよ。(^^ゞ
    100mm反射ですが自作して空を見てました。
    木星の大赤班が見えた時は感動でした!
    赤道儀を買うお金がなく、経緯台も買えなかったので何とか固定して見てました。
    あとスカイなんちゃらっていう天文雑誌も読んでましたね。
    当時はハレー彗星で盛り上がってたような気がします。

  • ■Kさん
    おッ、Kさんも「宇宙少年」だったんじゃないですか!
    しかも反射望遠鏡まで自作とは、かなり本格的
    自分もね、当時凹面鏡を作るべく本も買いましたよ
    結局パイレックスのガラスを買ってちょっと研磨したものの挫折した覚えが(笑)
    タカハシの望遠鏡とか、欲しかったなぁ
    ビクセンのカタログで赤道儀やら自動追尾のマシンを見て、ため息ついてたなぁ
    あっ、ヤバイ
    また新たな物欲が沸々と・・・

  • 高橋は高かったですね。
    現実的にはビクセンだったです。
    でも鏡の径を優先させると結局は自作ドブソニアンになったりして。(笑)
    おいらも鏡を研磨しようかと思いましたが妥協して10cmf1100の鏡を買いました。
    シュミットカセグレンなら大口径ながら鏡筒も短くてバイクに積めるのでは?(^^ゞ

  • ■Kさん
    高橋は高嶺の花でしたねぇ
    ドブソニアン、どうしても若かりし頃と言うのは「より大口径で!」てな感じになりがちでしたからね
    その気持ち凄く分かります
    バイクで天体望遠鏡
    反射式、シュミットカセグレンは振動にどうなのでしょうね
    着いたら光軸ぶれまくり、てな事態になりそうで・・・う~ん

コメントする