星空と宇宙のお話し

Hubble Ultra Deep Field 深宇宙、宇宙(そら)に思いを馳せる

 

ボクは毎日風呂あがりにバルコニーに出て空を見上げるのが日課だ

けっして多くは見えないのだけれど、夜空に浮かぶ星々を見ながら「宇宙はどこまで続いているんだろう」なんて、他愛もない思いにふける時間が好きだったりする

 

コレでもボクは中学生時代に「天文ガイド」が愛読書な「宇宙少年」だったのだよ!

 

なんて事はさておき、何日か前、NASAがハッブル宇宙望遠鏡がとらえた 「これまでの中で最もカラフルな深宇宙の写真」という「Hubble Ultra Deep Field 2014」を公開したと言うニュースを見た

「Hubble Ultra Deep Field 2014」

l_sk_hubble_01

 

南天の「ろ座」のごく狭い一角(1度分)をとらえたこの写真

星に見える光のほとんどは銀河で、その数一万個以上!

hud2014_400

 

宇宙って遠大だねぇ

そんな遠大な宇宙の中のちっぽけな銀河系、その中のちっぽけな太陽系の地球という豆粒みたいな星の、さらに小さい日本国埼玉県さいたま市で「はぁ~」なんてため息ついてる自分はなんと小さい存在なのか(笑)

そう考えるとなんか色々な揉め事がどうでもよくなってくる

 

また、天体望遠鏡を買おうかな

でも、バイクじゃさすがに運べないか

 

満点の星空が見える宿に泊まりに行くかな

星に興味のない人も是非一度「ハッブル宇宙望遠鏡」のサイトを見てみてくださいな

potw1119a

opo0929b

Hubble-Captures-View-of-Mystic-Mountain1

heic1006a

heic0409a

 

衝突している銀河、中はどうなっているのだろうね

arp_148

 

 

40代お一人様は意外にロマンチストなのだよ ⇒ ライフスタイルブログ 40代おひとりさまBlog集へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへブログランキング・にほんブログ村へ

 

  • この記事を書いた人

彷徨う賢(ケン)さん

何事にも彷徨(さまよ)ってばかりの「お一人様」。一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた賢(ケン)が、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。自転車・バイクでの彷徨い記録、あるときは人生に彷徨(さまよ)う様を、あるときは星空&宇宙について綴っています。

-星空と宇宙のお話し

© 2021 ぎこぎこ・こぐこぐ