直腸がん闘病記 お一人様のくだまき

自称天涯孤独を・・・返上します!

投稿日:

 

ボクはブログの中で幾度か自分のことを「天涯孤独」なんて表現をしていた

 

十数年前の離婚を期に親父から勘当を言い渡され、それいらい親父と会った事は一度もなかった

別れたカミさんや三人の子供達も、離婚後すぐは会っていたものの、その後ボクは人生の坂道を転げ落ちホームレス状態になり、車上生活やタコ部屋生活、愛知県での期間工生活なんて生活をしていたので、おのずとこちらからの連絡は全くしなくなった

だからボクの「天涯孤独」「自称天蓋孤独」だったわけだ

 

ただ、大げさかもしれないけど、これも運命の悪戯って言ってよいのかな

自称とは言いつつも天蓋孤独の身

今後も親父や子供達に会うことは無いだろうと思っていたのだけど・・・

 

病院側から「手術には必ず立ち会いが必要」とお達しが有り急遽再会することになった

 

正直ね、手術当日は肝心の手術の事は全く頭に無く、久し振りに会う家族に

「どんな顔をして会えばよいんだろう」

「何から話をしたらいいんだろん」

なんてことが頭の中を駆け巡り、ドッキドキだった

 

結局は手術当日には親父と別れたカミさん、長男夫婦と孫、一番下の娘

先週の日曜日には、そこに次男夫婦と妹、おばさんも加わり皆と顔を合わせた

 

ドッキドキだった胸の内も

会ってしまえば、なんて言うかな感動とかじゃなくて、不思議と強烈な懐かしさみたいなモノだけが込み上げてきて

 

もちろん皆は多分この馬鹿オヤジに一言も二言も言いたいことはあったと思うんだ

でも何も言わず話しかけてくれた事が嬉しかった

 

子供たちは三人ともデカくってさ

長男180cm、次男188cm

長女は女の子関わらず172cmもあってモデルみたいだったよ

ちゃんと遺伝は有るんだな、なんて(笑)

 

それに皆まっとうに育っていました

長男は若くして係長、次男は県庁勤め、長女は歯科衛生士

もうホント拍手したくなるくらい、父親不在でグレずに育ってくれたよ

 

まあそれもこれも別れたカミさんが頑張ってくれたおかげなんだけどさ

○○○、本当にありがとう

 

なんか沢山書きたかった事があったはずなんだけど、上手くまとまらないや

いずれまたどこかで、子供や孫(ひょっとしたら二人目も)の事は書いてみようと思う

 

そうそう、こんなに恵まれた状態なのに「天蓋孤独」なんて言ったら、本当に身寄りの居ない人に「まだ頼るトコロがあるじゃないか!」なんて怒られちゃうね

KEN、今日から「自称天蓋孤独」は返上します!

 

ちょっと思い立って、こんな投稿をしてみました

 

 

あ、入院生活のことも報告しなきゃ
(;^_^A アセアセ・・・

本日までで全てのドレン、点滴外れました!

ご飯の方も、今日の昼から五分粥+ちゃんと形の有るおかず(笑)になり、やっと人間らしい生活に戻りました

退院が見えてきたかな

 

ココまでとても順調とのこと

個人的には今後問題になりそうなのは、お尻の痛みかな~

 

PS コメントやメール頂いていた方、返信せずに申し訳ありません

今日になって、やっとPCを使えたぐらいだったので、いずれ何処かでお返事させていただきます

 

 

 

こんなコトも書いてます

-直腸がん闘病記, お一人様のくだまき

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.