星空と宇宙のお話し

涙が止まらない!「えっ、アニメ?」なんて偏見は捨て「planetarian-星の人-」を見てみよう!

投稿日:

  

 

 

ふとamazonプライムビデオで見かけた、このタイトル

「planetarian-星の人-」

人間の愚かな戦争は、世界を雪で覆い、確実に滅びへと向かわせていた。星すら見えないこの世界では、人々は地上で暮らすことも難しく、地下の集落に身を寄せ合って暮らしていた。かつて「屑屋」と名乗っていた男は、過去のある出来事がきっかけで「星屋」と名乗るようになり、“星の美しさ”を彼が訪れる集落の人々に伝えていた。その知識の深さとたたずまいから、いつしか、人は彼のことを“星の人”と呼び、敬うようになった。そして、世界を旅しながら、老いていく星の人には、ただ一つの心残りがあった……。星の人は、旅の途中行き倒れた集落で、レビ、ヨブ、ルツの三人の少年少女と出会う。星に興味を持つ彼らの姿を見ていると、かつて自身が若かりし頃に出会ったロボットの少女の面影が思い出されていく。彼女と出会った場所、そこは封印都市と呼ばれるところだった

 

前章のWEB配信版「ちいさなほしのゆめ」を見たあと

「絶対劇場版を見に行く!」

と思いつつも、見に行くことが出来なかった作品

 

たった今、見終わりました

 

もうね、涙が止まりません

はっきり言って「君の名は」よりも数十倍泣ける映画!

絵面だけをみて「萌系アニメか」、なんて食わず嫌いは絶対損する!

 

 

多くは語らないけど・・・

星好きな人も、そうでない人も是非!

 

おっさんになって、さらに涙腺の弱くなったKENでした~

 

 

 関連する投稿を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎこぎこKEN

一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた(笑)KENが、折りたたみ自転車でのサイクリング、バイクでのツーリング、星空&宇宙について綴っています!なんて、愚痴や他愛もない日記の方が多いかもしれないけど(笑) プロフィールページはコチラ

-星空と宇宙のお話し

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2018 All Rights Reserved.