澄んだ空と宇宙(そら)を探して

ぎこぎこ・こぐこぐ

観望・撮影日記

PENTAX KPで久しぶりの天体望遠鏡直焦点撮影!in内山牧場、のはずが・・・撃沈(泣)

2017-12-23

 

こんばんは!

新しいカメラ「PENTAX KP」で、久しぶりの天体望遠鏡「FC-76DC」の直焦点撮影をするべく、内山牧場に行ってきたよ!

 

師走ですなぁ

仕事も忙しいのだけれど、プラス忘年会等で「てんてこ舞い」な感じ^^;

一昨日は飲みで午前様だったのだけど、昨日の夜は年内最後の撮影チャンス!

仕事は定時すぎには帰れそうだったので星見遠征へ

 

富士山方面にするか?奥秩父にするか?それとも茨城方面?

色々迷ったけど、結局は内山牧場に

 

「天体望遠鏡で直焦点!」なんて言いつつも、荒船山をバックに星景写真も撮れたらな、なんて^^;

(去年5月訪問時の写真「内山牧場にて!ギリギリM8&M20を狙うの巻」)

内山牧場にて!ギリギリM8&M20を狙うの巻

 

現地到着は22時ぐらいだったかな?

風も雲も無く、冬の天の川が肉眼で見える絶好のコンデション

 

上の写真のキャンプ場内は、冬季クローズのため入れず

「さて何処で撮ろうかなぁ」なんてグルグル回る

 

さすが積雪の心配もあるオフシーズン

これまたクローズ中の「あらふね山荘」の前に一人居ただけで、あとは全く人影なし

グルっと回ったけど、結局ココで撮影開始

 

Twitterに上げた写真やTOPの写真もココからの撮影

PENTAX KP(無改造ノーマル) フィルター ソフトンA
タムロン10-24mm F/3.5-4.5 Model B001 → 10mm F5.6
ISO6400 20sec JPEG撮って出し 無加工

 

ココまで来ても、都心方面の光害は半端ないね~

でも撮って出し無加工で、ココまで写ってくれたらボク的には充分かな

 

そうそう懸案だった広角レンズは、結局値段に負け(笑)、一番安いタムロンの10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical (Model B001)に

 

今となっては後継のB0023が出ているから(でもKマウント用は無し 泣)、古くて今更感はあるけど

ほら自分、価格の高いものにアレルギーが有るからさ(笑)

 

それに同じSS-oneユーザーの883EnifさんのYouTubeを見て、「コレぐらい撮れれば良いかな」と

 

それでもKマウントがあれば、コレが欲しかったんだけなぁ

 

ビッグカメラで、もともと有ったポイント5000円分を使い、約25000円で購入

更に今回の10%分のポイントを使って77mmのフィルター「ソフトンA」を追加

 

荒船山をバックに一枚撮影し

天体望遠鏡FC-76DCを久しぶりに取り出し、「さて直焦点撮影でもするか!」なんて用意をはじめたら・・・

 

ガ━━ΣΣ(°Д°;)━━ン!!

ポタ赤「SS-one赤道儀のコントローラーが無い!」

 

はい、忘れ物~

そして終~了~

ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン

 

なんでいつもオレはこうなんだろね~

まあ準備とか用意とか常にいい加減だから、しょうがないっちゃ、しょうがないけど

 

でも・・・・

PENTAXには「アストロレーサー」と言う、星を追跡し撮影する素晴らしいオプション機械が有るじゃないか!

 

と、おもむろにアストロトレーサーを装着、スイッチONにしてキャリブレーション実施

さて撮ろう、と思ったら・・・

 

リモコンレリーズが規格違いで使えず!

はい、また終~了~

 

おいおいメーカー同じなんだから、統一しろよ!

゛(`ヘ´#) ムッキー

 

ドコが違うのか?

左はKP、右はK-5Ⅱs

 

太さが違うでしょ

そうなんです、K-5Ⅱsは2.5mmの超ミニプラグ、それに対してKPは3.5mmのミニプラグ

もう、馬鹿かと!

なんで、こんなトコロ変更するねん!(怒)

 

んな訳で広角での撮影しか出来ないので、純粋に星見にスイッチ

 

オリオン座から、昴、カシオペア座の近くの二重星団h+χ(エイチカイ)と綺麗だったね~

(以前撮った「二重星団h+χ(エイチカイ)」)

 

前回の育樹では、対象が流れ星と言うこともあって双眼鏡はあまり使わなかったんだけど、今回はじっくり防振双眼鏡で観望

防振双眼鏡で星見!CANON 12×36ISⅢ開封の儀

 

自宅マンションのベランダから覗いた時はあまり感じなかったけど、満天の星空に防振双眼鏡を向けスイッチを入れると、星が「これでもかっ!」ってぐらい見え、今まで以上に立体感が増して凄い事に

なんて言うのかな、ホント映画館のIMAXシアターで3Dメガネを掛けて見ている感じというか

決して大げさではなく、星が手ブレせずに止まって見えるからホント立体感が半端ない

いやぁ、防振双眼鏡スゴイわ

 

そうそう、一応ね、広角でも何枚か撮ってきましたわ

ま、コレも老眼鏡を忘れピントが怪しいんだけどさ(;^_^A アセアセ・・・

 

冬の大三角から昴、冬の天の川

 

沈んでいくカシオペア座

共にPENTAX KP(無改造ノーマル) フィルター ソフトンA
タムロン10-24mm F/3.5-4.5 Model B001 → 10mm F5.6
ISO6400 20sec JPEG撮って出し 無加工

 

オリオン座か南中してきた頃の周辺

 

ISO6400 20sec JPEG撮って出し 無加工

 

ISO12800 20sec JPEG撮って出し 無加工

 

ISO25600 20sec JPEG撮って出し 無加工

 

さすがにISO25600 20secは荒れ気味だけど、10secならブログでは行けるかな?

ISO25600 10sec JPEG撮って出し 無加工

 

まあ高感度による荒れ具合やノイズには賛否両論あるだろうけど、お手軽一発撮り星景のためのカメラとしては、かなり使える感じがする

 

ただ、タムロンの10-24mmは、やっぱ周辺はコマ収差が目立つね

F5.6まで絞ったけど、もう少し絞ったら改善されるかな?

 

あと、直焦点やRAWだと、どうなんだろね~

ま、そこら辺は来年ゆっくりって感じかな

 

あまり写真は撮れなかったけど、「ふたご座流星群」に続き星見は大満足だったよ!

皆の写真を見て回るのも良いけど、やっぱ自分の眼で生で見る星空は格別だね

 

今年は前半仕事で、中盤からは病気で思うように星見に行けなかったけど、来年はバンバン行くぞぉッ!

 

 

 

  • この記事を書いた人

ぎこぎこKEN

自転車もバイクも、そして人生も、のんびりと想いのままに。一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた(笑)KENが、折りたたみ自転車でのサイクリング、バイクでのツーリング、星空&宇宙について綴っています。澄んだ空と宇宙(そら)を探してどこまでも!

-観望・撮影日記

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2019 All Rights Reserved.