天文機材とツール

ベランダで天体観測!お手軽観望用に経緯台を考えてみる その2 

投稿日:



 

ベランダ天体観測&お手軽観望用に悩んでいた経緯台

前回の投稿でぼかした写真の正体は・・・
(ま、コメントで既にバレていたけど^^;)

 

iOptron AZ マウント Pro 自動導入経緯台

 

「AZマウントPRO」は、ぎごぎこ・こぐこぐ天文部開設当時に赤道儀の候補として上がっていた、「SmartEQ Pro赤道儀」「ZEQ25GT」を作っている「iOptron」の最新自動導入経緯台だ

新開発の"レベル・アンド・ゴー"機能により、自動導入のセットアップがよりシンプルに!
高精度なレベルインジケータが内蔵されているため、マウントの水平をとり、電源を入れるだけ。高度にコンピュータ化された新しいエーゼット・マウント・プロ経緯台の操作は、ここからはじまります。内蔵32GPSレシーバに加え、方位・角度センサーも組み込まれているため、望遠鏡は自動的にゼロポジション(北向き+天頂)になり、その後、明るい基準星に向いてくれます。あとはその基準星をアイピースの視野中心に微調整して入れれば、自動追尾と自動導入の準備完了です。

代理店「ジズコ」のHP
「iOptron AZマウントPro 自動導入経緯台」

 

なんでこの経緯台なのか?

それはボクの目指す「お手軽天体観測&天体写真」にピッタリな内容だったからなんだよね

 

お手軽とは程遠い、手間と金が掛かる天体写真の世界

 

天体写真に興味のない人には全く意味不明な世界だろうけど

今流行り?の天の川と地上の風景を一緒に写し込む「星景写真」とかならいざしらず
(それでもカメラだレンズだ、ポタ赤で一軸ガイドだ、なんて拘ったら一緒だけど)

系外銀河や星雲・星団なんて対象をフォトコンや、天文雑誌に採用されるようなレベルで撮ろうとすると、「ガイド撮影」なんてのが必須に近く、その撮影の様子は配線だらけで、素人な方々が見たら「何やってんの?」みたいな、「手間とお金」がたっぷり掛かる世界になってしまうわけ

 参考  「初めてのオートガイド撮影」


「天体写真の世界」より転載

 


「K-ASTEC BLOG」より転載

 

いやね、趣味の世界だから、人それぞれお金の掛け方が違うのは分かるし、自分だって「突き詰めてみたい!」なんて欲望はあるけどさ

ただ、こういうのを見てしまうと

「KENさん、この世界金額的にムリじゃね?」

みたいな(笑)

(ちなみに上記参考例は軽く100万円以上掛かっていると思われ)

 

ボクはココまでして芸術的?な作品レベルの写真を求めていないのですよ
(本音を言えば、お金に余裕があったらチャレンジしてみたいけど)

なんか天体写真の世界では「赤道儀によるガイド撮影」なんてのがスタンダードみたいだけど、質さえ求めなければ安価なドブソニアンとかで撮影している人は結構居る

「口径32cmだから」ってのも有るかもしれないけど、赤道儀追尾ではない望遠鏡の、30秒露出でココまで写るんだったら、自分的には充分かなと

(ま、コレはコレで技術を要するのだろけど^^;)

 

それに・・・

「面倒くさい」事が嫌いなのですよ、自分(笑)

極軸合わせに、ガイドの調整等々、PCとかも絶対持ち出したくないもん

 

その点、この「AZマウントPRO」は、面倒くさがりな自分にも、かなりマッチしそうな内容

だって、コレだけですよ

 

 

う~ん

面倒くさがりな自分にぴったりな感じ(笑)

 

「iOptron AZマウントPro 自動導入経緯台」の素敵なところ

 

さて、では今回ボクが「ビビビッ」ときた「AZマウントPro 経緯台」は、いったいどんな経緯台なのかを簡単に説明してみよう

 

  1. デュアル鏡筒対応!搭載重量 主鏡筒14.9kg + サブ鏡筒4.5kg (C8-N全然問題なし)
  2. ステッパーモーター+シンクロナスベルトドライブ(静音ドライブでのベランダ観望)
  3. マウント本体に44000mAhのリチウムイオン電池内蔵(外気温10度の中、約10時間操作可)
  4. ゼロバックラッシュのドライブシステム
  5. 3本のレベル調整ネジによりマウントの水平出しが簡単
  6. 8行表示の大画面ハンドコントローラに21万を超える天体を格納
  7. 太陽自動導入、太陽自動追尾機能
  8. Wi-Fiアダプター本体組み込み(素の状態でSky Safari使用可能)
  9. 持ち運びに便利なトランクケース付き

 

デュアル鏡筒・・・良い響きだよね(笑)

TOPにあった、こんな感じも可能

観望しながらの撮影や、対空双眼鏡で流しながらBKMAK150で詳細観測

なんて芸当もできそう

 

音もyoutubeを見る限り、前回投稿に出ていたMEADEのLSシリーズや、スカイウォッチャーのGOTO DOBと比較して格段に静かな感じで、ベランダでの運用も問題なさそう

 

セッティングも超簡単そうで、ストレスフリーな感じ

 

電池やWiFiアダプターを内蔵しているところも素敵だよね

色々持ち出してセッティングしなくても良いし、荷物も減れば忘れ物も減るし

(゚ー゚;Aアセアセ

 

基本観望だけだったら、コントローラー(これもワイヤレスにして欲しかったけど)+スマホやタブレットのアプリ「Sky Safari」があれば、その他諸々が必要ないところも魅力的

 

観望だけではなく、写真も〜30秒ぐらいまでの露光だったら全然行けると思うんだ

(ココで高感度が売りのPENTAX KPが活きてくるはず)

実際上の「レインボーさん」のように、ドブソニアンで写真を撮っている人も見受けられるからね

 

どうよ、コレ?

 

唯一不安なところは国内での使用例がほとんどなく、レビュー的なモノが全くないところ

ググってみたけど、国内での使用例は、このお二人しか見当たらなかった

 

 

お二人に使い心地を質問してみようかな?

てか「ぎごぎこ・こぐこぐ」的には、人柱覚悟で導入してしまった方が面白いか(笑)

 

さて、どうしたものかなぁ

 

 

追伸

抽選に当たったみたいなので、明日の午後は仕事を休んで講座を聞きに行く予定

コチラも楽しみ!

 関連する投稿を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎこぎこKEN

一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた(笑)KENが、折りたたみ自転車でのサイクリング、バイクでのツーリング、星空&宇宙について綴っています!なんて、愚痴や他愛もない日記の方が多いかもしれないけど(笑) プロフィールページはコチラ

-天文機材とツール

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2018 All Rights Reserved.