お一人様のくだまき

岩手(盛岡)に転勤したら人生変わるかもしれないって話し

 

ちょ~久しぶりの、こんばんは

岩手県民となって初めての冬を迎え、寒さに震えるKENです!

 

前回の投稿から、かなり放置したね~(汗)

「岩手県民になります!」えっ?マジ?転勤が決まった話Ppart1

続きを見る

実際には7月15日に引っ越しをして、早いもので半年ちょっと経過したことになる

なんか、あっという間だったな~

 

緑一面だった田んぼも、今ではすっかり真っ白に
(盛岡に限っては、今は解けてきました)

夏の岩手山

 

秋の岩手山

 

晩秋の岩手山

 

初冬の岩手山

 

車もバイクも盛岡ナンバーになり

半年たって仕事にも慣れ、だいぶ岩手にも馴染んできた

 

しかしなんだ、自然が身近に感じられるって、やっぱ良いね~

いずれ見慣れた風景になり、何も感じなくなってしまうのかもしれないけど

今はまだ、ただ仕事で田んぼの中を走ってたり、三陸沿岸の海沿いを走っていたりしても、なんか気持ち良い

紫波町あたり

 

滝沢市あたりからの岩手山

 

大船渡の海

 

東京を走っていたら、まずお目にかかれない風景だよな~

なんたって今までのツーリング先を仕事で回っているようなものだから(笑)

 

でもこちらに来て一番の変化は、じつは体調の変化だったりする

あれだけボクを苦しめていたいた動悸は、2ヶ月目くらいからピタッと止まった

 

やっぱ精神的なものが大きかったのかな~

10月に残ったクレーム案件の処理で1週間ぐらい東京に戻ったのだけど

もう新幹線に乗って東京に向かっている段階で動悸がぶり返してきてバクバク状態になってしまって

「突然なに!?」みたいな感じに

 

その後盛岡に戻ってきても動悸は続き、今月に入って、やっと落ち着いてきた感じだもん

ストレスに対する体の反応は正直なのかね

 

まあちょっとした紆余曲折はあるものの、東北楽しんでます!

先週から東北地方は大雪のためバイクには乗れてないけど、それでも先月までにアチコチ出歩いたよ

 

久慈から三陸海岸

 

 

十和田湖から奥入瀬渓流

 

 

焼走りから樹海ライン、アスピーテライン

 

林道もちょこちょこ走った

 

岩手は星を見るのにも最適だよ

ちょっと曇りの日が多いような印象だけど、少し市内を離れれば、真っ暗な闇の中に星々が瞬く夜空が視界いっぱいに広がる

宮古市大規模林道からの一枚
(コンデジ一枚撮り)

 

なんたって関東近郊ではお目に書かれないBortle scale(ボートル・スケール)「2」暗さが身近にあるからね

 

 

そうそう、北海道が近くなったから、シルバーウィークに4日間だけだけど初の北海道バイクーツーリングもしてきたよ

追分ソーランライン

 

富良野から十勝岳を望む

 

青の綺麗さが半端ない摩周湖

 

襟裳岬へと続く黄金道路

 

 

短い間だったけど、やっぱ北海道はどこ走っても気持ちよかったな~

北海道が近いって素敵!

 

あ、そういえば一つだけ岩手に来て不満なこともあったな

それは・・・

冬にバイクに乗れないこと!

 

去年は雪が少なかったらしいけど、今年とかは北上、水沢あたり中心に恐ろしいことになってるからね

 

とは言うものの

ま、今のところは地元の人に怒られそうだけど、こんな状態も新鮮で、車で走っているのも楽しいんだけどね

 

そんなこんなで、KENは東北に根を張りつつあります

仕事の内容は変わらないし、職人さんや協力会社が少なかったり、仕事のやり辛さみたいなものはあるけど

なんか色々上手く回りそうな気がしている

 

風景の写真ばかりあげているから、風景で癒やされてるだけな感じに見えるかもだけど、なんて言うのかな

やっぱ人も東京の感じと違うんだよね

ボクの波長に合っているいるというか

 

そりゃあ確かに「なんだコイツ」みたいな人も居るけどさ

基本的に皆「おおらかさ」みたいなモノを強く感じる

 

なんて、まだ半年だからね

でも、このままストレス少なく仕事ができると良いな~

 

ちょっと大げさだったけど

転勤で人生が好転しそうなKENでした~

 

そうそう、明日からの年末年始休み

車でゆっくり九州に向かい、福岡でレンタルバイクを借りて一人で彷徨ってみようと思っている

 

仕事をしているより、感染確率は低いと思うんだ

なんたってグルメも観光地巡りもないし(笑)

ただ、夜の居酒湯巡りは自粛しないとかな~(泣)

 

さて、今度こそブログを定常的に更新出来たらなと思ってます

半年ぶりに「ぎこぎこ・こぐこぐ」を目にした方、それではまた!

 

※もう見てはいないかもしれませんが、コメントを放置していた「ヒデ」さん、ごめんなさい

 

  • この記事を書いた人

彷徨う賢(ケン)さん

何事にも彷徨(さまよ)ってばかりの「お一人様」。一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた賢(ケン)が、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。自転車・バイクでの彷徨い記録、あるときは人生に彷徨(さまよ)う様を、あるときは星空&宇宙について綴っています。

-お一人様のくだまき