澄んだ空と宇宙(そら)を探して

ぎこぎこ・こぐこぐ

ツーリングと旅

年末年始「日本縦断」弾丸ツーリング&ドライブ7.5〜10日目

こんにちは「日本縦断ツーリング&ドライブ!」と書きながら

「あれ?でも旅しているのは九州と北海道だけで、あとは素通りじゃね?」

なんて矛盾を感じ始めているKENでございます(汗)

 

前回の投稿は北海道へ向かう津軽フェリーの船上からだったね

では上陸後の北海道巡りの様子を

 

まずは最初からつまづいてしまうKEN

大沼公園のあと

「洞爺湖、支笏湖、羊蹄山のどこかを見ながら北上しようかな」

なんて思っていたのだけど、15時前にしてどうも薄暗い

 

ふと日没時刻を調べてみて

「九州に比べると一時間以上短い!」

なんて事実に今更気づくKEN・・・馬鹿

 

結局この後は、宗谷岬へ近づくべく道央道の終点「士別」までひたすら走る

しかし凄いよね

街の中、犬や猫じゃなくて「きつね」が道を横切るんだから

 

8日目、この日は宗谷岬を目指す

で、雪道走行

東北道で雪道高速デビューは果たしたものの、普通の道はまだほとんど走っていない

やっぱビビるよね〜、雪道走行
(それでも地元民は関東のペースと変わらない感じで走っている)

特に峠は・・・怖かった!

 

でも走っているうちに

・コーナーでビビってブレーキとハンドル操作を一緒に行わない

・そのためにはコーナー手前で十分減速(エンジンブレーキ多用)

・コーナーリング中はアクセルを抜かず4輪にトラクションを掛けながら走る

なんて事を意識しながら走り始めたら、だいぶ怖くなくなってきたかな

 

当然ながらエクシーガ君にはスタッドレスを履かせているのだけど、実はこれアウトバック用に落札してあったスタッドレス

外径が17mmほど大きいのは内緒(笑)

 

しっかしまあ、地元の人達は飛ばすね

一般道の雪道を80kmぐらいで走り抜けていくし、バスやトラックなんかも、まあ早いこと

下手したら、ホント関東近県の下道走ってるより速いペースで皆走っていく

(ま、空いているってこともあるだろうけど)

 

オロロンライン、名前だけは知っていたけど、今回ホント思いつきだったから、北海道情報を何も持たずに走ってしまい結構ぐだぐだ

コンビニで普通のマップルでも買おうかと思ったけど、結局iPadで大まかなルート確認だけして走ってしまった

 

なんか荒涼とした感じ、良いなぁ

僕は井上勝夫さんの旅のスタイルに凄く憧れていて、下の動画を見てアイスランドに絶対一度は言ってみたいと思っている

風光明媚(って言い方が合っているかは?)な所ではなく、どこか殺伐とした、でも地球を感じられるような荒涼な大地が果てしなく続いている風景の中を進んでいく

そういう意味ではチベットとかも良いな

 

とまあ、残念ながらスケールは違うけど、少しだけアイスランドを思い浮かべながらオロロンラインを北上して行く

大晦日は人で溢れかえっていたであろう宗谷岬も、冬の普通の時期はこんなんだろうね

 

宗谷岬をあとにして、オホーツク海側のオホーツクラインへ

ざっくりとした予定では12時には宗谷岬を出発しているはずなんだけど、寄り道がたたって時間はすでに14時

ここで宿を予約し、旭川に向かうことに

ただ、この後・・・

いや、大げさではなくマジ死んてしまうと思った

(イメージを写真で伝えてくてググったら「お気楽な星見」さんの画像がヒットしたので転載)

実際はもっと酷い感じで、吹雪でホワイトアウトと言うより、あまりにも雪の降る量が多すぎて前が見えない感じ

 

フロントウインドウに向かってガンガン雪が降ってくる

なんかスピード感覚もおかしくなり、別の世界を彷徨っているような感覚

前を走る車のテールランプすら見えない状況で、見えるのは対向車のヘッドライトのみ

目をこらしながら必死に走る

あれ、マジで車が停車していたりしたら絶対ぶつかってた

 

前が見えてきたときの安堵感と言うか、乗り切った感と言うか

で、無事を喜び旭川の夜の街に繰り出すと(笑)

 

9日目、残念ながら弾丸旅のため北海道巡りも今日が最後

函館に向かいながら、ちょこちょこ寄り道

 

ウォッシャー液は最後まで凍ったままで、マジ後悔

 

やっぱ、晴れ来ると良いね〜

雪の白さと青空のコントラストが何ともいえない

 

往路で時間がなくて回れなかった3ヶ所も無事リベンジ

 

北海道最後の夜を函館の居酒屋でまったり

 

10日目、朝6時過ぎに宿を出発

津軽フェリーの乗り場へ

北海道、短い間だったけどさよなら〜

 

わかっていたとは言え、やっぱり弾丸過ぎて物足りないなぁ

せっかく雪道走行にもにれてきたのに

 

さて、今回の年末年始の旅も終わり

正確には、今はまだフェリーの上から投稿してるので、これからまた青森〜埼玉という苦行が残っているけどね

 

でも思いつきとは言え、冬の北海道に来れて良かったな

次回は絶対バイクで走ろう

 

  • この記事を書いた人

ぎこぎこKEN

自転車もバイクも、そして人生も、のんびりと想いのままに。一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた(笑)KENが、折りたたみ自転車でのサイクリング、バイクでのツーリング、星空&宇宙について綴っています。澄んだ空と宇宙(そら)を探してどこまでも!

-ツーリングと旅

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2020 All Rights Reserved.