宇宙のお話し

そら(宇宙)は良いねぇ 初めての天の川撮影

投稿日:2015-03-25 更新日:

火曜日の夜
仕事から夜9時過ぎに戻ってきたボクは
「明日の水曜日休みは天気も良さ気だし、久しぶりにぎこぎこ・こぐこぐ」
なんて思っていたのだけど・・・
そら(宇宙)への誘惑に勝てませんでした!
今日の目標は朝方近くに顔を出す夏の天の川!
直前まで南天の暗い千葉の「荒木根ダム」or「大崩水仙郷」のつもりだったのだけどGPVは微妙
(GPVってのは、普通の天気予報ではよく分からない、雲量(空に占める雲の割合)などの詳細やその変化の予報が見られる天文ファン御用達の気象予報。晴れが好きな自分はツーリングの参考にもしています)
GPV「Grid Point Value」気象予報
そこで、GPVで真っ黒な(雲の無い)未だ夜半は氷点下になるという秩父の奥地「三峰ヘリポート」へ!
地図だと近そうだけど、遠いねぇ
途中ご飯を食べたせいもあるけど、10時過ぎに出発して着いたのは1時過ぎ
だけど時間が掛かった甲斐はあり、現地は雲ひとつない満天の星空!
南東の空に上がりつつある夏の天の川、肉眼でもはっきり分かる
3時ちょっと前
IMGP1499

カメラ PENTAX K-5ⅡS
追尾 アストロトレーサー
レンズ smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR
焦点距離 18mm
絞り数値 F4.5
シャッタースピード 120秒
ISO感度 1600
JPEG一枚撮り画像をPhotoshop Elementsでちょっと加工
おぉッ!肉眼で見るよりはっきり写ってる!
更に1時間経過後、薄明前の天の川
IMGP1530

カメラ PENTAX K-5ⅡS
追尾 アストロトレーサー
レンズ smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR
焦点距離 18mm
絞り数値 F4.5
シャッタースピード 90秒
ISO感度 3200
JPEG一枚撮り画像をPhotoshop Elementsでちょっと加工
コレだよ、コレッ!
去年、初キャンプの長野県佐久市の内山牧場や、東北ツーリングでキャンプした津軽半島の薬研野営場で見入ってしまった天の川に限りなく近いそら(宇宙)
そら(宇宙)はやっぱり良いねぇ
右上に黄色く写っている「さそり座」のアンタレス周辺と、天の川の真ん中辺りに赤く写っているM8(干潟星雲)をSAMYANG 85mm F1.4で撮ってみた
「さそり座」のアンタレス周辺
アンタレス1600_45S

カメラ PENTAX K-5ⅡS
追尾 アストロトレーサー
レンズ SAMYANG 85mm F1.4
絞り数値 F2.8
シャッタースピード 45秒
ISO感度 1600
8枚コンポジット
M8(干潟星雲)
M8_3200_30S

カメラ PENTAX K-5ⅡS
追尾 アストロトレーサー
レンズ SAMYANG 85mm F1.4
絞り数値 F2.8
シャッタースピード 30秒
ISO感度 3200
8枚コンポジット
相変わらず少し流れてしまうから露出は掛けられなかったけど、アンタレス周辺はかろうじて黒い分子雲?や青い反射雲なんかも見て取れる
(アンタレス周辺は、赤・黄・青・黒と非常にカラフルなエリアなんだけど今回は写しきれていない)
干潟星雲の方は、その上に3つに裂かれていることから名前が付いたM20(3裂星雲)があるのだけれど、こちらも残念ながら今回はぼんやりとしか写っていない
広角は良いけど、中望遠以上になるとピントや露出時間・感度なんかの設定がシビアだね
でも、同じ組み合わせで撮れている人は撮れているんだよなぁ
ココらへんはこれからの課題だ
それでも、今まで天体写真と縁の無かった自分からすると凄いよねぇ
今は機材の進化と発達で、高価な望遠鏡がなくてもコレくらい(上手い人が撮ればそれ以上!)は、簡単に撮れて楽しむ事が出来るんだもん
いやぁ~何度も言うけど
そら(宇宙)はやっぱり良い!
ただ、この趣味は夜行性&寝不足で日常生活にはちょっとヨロシクないね
半分寝ながら投稿しているKENであった
もっと凄い天体写真が見たい方はこちら → にほんブログ村 天体写真ブログ集へ
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

-宇宙のお話し

Copyright© ぎごぎこ・こぐこぐ , 2017 AllRights Reserved.