スポンサーリンク

天文機材とツール

初めての天体望遠鏡 やっぱ衝動買いはアカン!

投稿日:2015-04-24 更新日:

 

生まれて初めての自分の天体望遠鏡、タカハシ「FC-76DC」

確かに購入して家にも届いたのだけど・・・

使えねぇぇッ!見えねぇぇッ!撮れねぇぇッ!
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

 

何故って?

一般的に普通の方々からしたら「天体望遠鏡」って、こんなセットで売っていて

 

買ってきたら即観測

「月のクレーター、まじスゲェ!」

みたいなイメージ?(笑)

 

ところがですねぇ、本格的に写真やら観望やらをしたい人の望遠鏡は、そんな簡単には行かないのですよ

まず、ボクが買ったのは望遠鏡の本体、筒だけ

P1040098 (1280x957)

 

この筒だけの状態から、今回ソコソコの写真が撮れるように持っていくために必要なモノは・・・

1、望遠鏡を載せるための架台、いわゆる赤道儀ってヤツ

 

今回ボクが買おうとしているのは、何回も出ている理想のポタ赤ね

お値段ゴニョゴニョ万円

1504122_2

 

2、その架台を載せるための三脚

コレはすでに購入済みのカメラ用三脚、BENROのA4570Tが耐荷重25kgだから大丈夫かな

0d9e337c

 

ここまでは予定していた事だから想定内、しょうがない

問題はココから先なんだよ

 

3、望遠鏡と架台を繋ぐための鏡筒バンドとプレート

三基光学館バンド

レール

 

4、そのプレートを固定するためのクランプ

マウント

5、回転装置とレデューサー
回転装置

レデューサー

 

この他にもカメラへ接続するためTリングなるもの

そのTリングとレデューサーを繋ぐワイドリング60Cなるリング

極軸を合わせるための微動装置・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・って、おいおい

いったい幾ら必要なんだよ!

バリューモデルなんでしょ?

廉価版なんでしょ?

 

赤道儀を別にしても、望遠鏡本体分ぐらいのお金が必要って・・・

やっぱ衝動買いはアカンねぇ

今回、ホント衝動的にポチってしまったからなぁ

 

じゃあとりあえず「理想のポタ赤」も、まだだし、撮影はとりあえず諦めて今ある経緯台「K型微動マウント」に載せて眼視で星空or月面散歩でも始めるか、なんて思ったけど・・・

鏡筒バンド、プレート、クランプは同じく必要

プラス今回のFC-76DCの場合、アイピースなる物も別途購入しなければいけない

アイピース、ピンからキリまで色んな値段の物があるけど、そこそこの物はこんな感じ

アイピース

 

ちなみにこのアイピース、見るものによって倍率を変えなきゃいけなくて

普通は低倍率から高倍率まで4本ぐらい揃えるらしい

(4本て・・・マタ10諭吉デスカ 泣 )

 

ふぅッ

∩(´・ω・`)つ―*'``*:.。. .。.:*・゜゚・* もうどうにでもな~れ

 

なんて、諦めちゃいかん!

 

なんとか安く収まるよう、ググりまくりのKENであった(笑)

まだ片足をそぉっと入れただけなのに 天文沼恐るべし

 

 

⇒ にほんブログ村 天体写真ブログ集へ

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へにほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

 

こんなコトも書いてます

-天文機材とツール

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 AllRights Reserved.