中部ぎこぎこ

折りたたみ自転車で輪行!太平洋岸自転車道(浜松御前崎自転車道)ぎこぎこ

投稿日:2013-01-03 更新日:

 

前回の投稿の通り、元旦から走り初めということで2日間かけ太平洋岸自転車道を走ってきました。

今回のお供も輪行用の折りたたみ自転車DAHON Dash P18で。

 

大規模自転車道のHPで見ると中部地方のNO68静岡清水自転車道線~NO70浜松御前崎自転車道線が太平洋岸自転車道と言うらしい。

大規模

 

番号順に行けば清水からなのだけれど、風予報を見ると向かい風になってしまいそうなので今回は浜松側からスタートすることにした。

一日目、元旦はNO70浜松御前崎自転車道線からNO68静岡御前崎自転車道線の途中まで。

まずはgoogle mapのルートを


より大きな地図で 太平洋岸自転車道1 を表示

※途中ルートを外れた所をピンクの線で表してます

※ルートラボのデータを使ったスマホナビはこちら
スマホで自転車ナビ 「ルートラボビューワ」でお手軽サイクリング

 

初日、初日の出もまだ登らない時間に最寄り駅まで走り電車に乗り込む。

P1010106_R

 

京浜東北線の車内で初日の出を拝みつつ東京駅に向かい新幹線に乗り込む。

 

初めて新幹線で輪行したけど、自転車を置く場所が車両最後部の座席の後ろしかないから(今回乗った「ひかり」では通路、デッキは狭くて無理そう)例え指定席でも早めに行って早めに確保する必要がある。
(ちなみに降りるときにはスーツケースとベビーカーが押し込まれていた)

 

約1時間30分で浜松駅に到着、自転車を組み立てスタートする。

P1010107_R

 

浜松駅から真っ直ぐ海側に進むと太平洋にぶつかる。

P1010109_R

 

う~ん、川沿いも良いけど、やっぱり海もいいな!

 

とは言うものの実際にスタートしてすぐは防風林の中を進んでいく。

P1010110_R

 

やがて防波堤沿いに道は変わるのだけれど、正規のルートは下で眺めが良くないので防波堤の上を走る。

P1010113_R

 

天竜川の対岸に風力発電の風車が並んで見えてくる。

P1010114_R

 

天竜川を少し遡り渡る。

P1010115_R

 

風車の下を通り抜けていく。

P1010121_R

 

ちょっと自転車を入れてパチリ。

P1010123_R

気持ち良いね~。

空の青と海の青のコントラストが、なんか落ち着かせてくれる。

 

また松林の中を走ると左手に目隠しの塀が続く区間があるのだけれど、どうやら自動車メーカーSUZUKIのテストコース?らしい。

元旦なので当然走っている車は無し。

P1010126_R

 

この自転車道はずっと海岸線沿いを走っているわけじゃなくて、所々で防風林や内陸部分を走るルートになっていてココは川沿いのサイクリングロードになっている。

P1010129_R

 

遠くに富士山が綺麗に見えてきた。

P1010130_R

太田川を渡る。

 

太田川を渡った後進むと階段出現。

P1010133_R

 

登るとまた海岸線沿いに、遠くに風車群が見える。

P1010136_R

 

それにしても風力発電多いな~。それだけ風が常に吹いている地域なんだろね。

 

風向き考えずに清水スタートにしていたら、きっと半日でダウンしてたと思う。

 

弁財天橋を渡ると

P1010137_R

 

風車群がより近くになってくる。

P1010138_R

 

基本風車の方向を見ても分かる通り、ほぼ追い風で、ヘタしたら上体を起こしていれば風の力だけである程度まで加速していくぐらいなので「VIVA!追い風!」的な感じなのだけれど、一ついただけないのは所々砂で道が埋まってしまっている事だ。

P1010149_R

 

これは厄介で、ちょっとした砂でもすぐハンドルを取られるので押して歩くしかないのだ。

 

でも左側に見える富士山は綺麗。

P1010152_R

 

特徴的な形の潮騒橋を渡る。

P1010153_R

 

より風車群が近くなってくる。

P1010155_R

 

よく見ると風車の向こうに四角い建物が幾つか見える。

浜岡原発だ。

P1010157_R

 

原発の周りに風力発電の風車が立ち並ぶって、よく考えると変な感じ。

 

中部電力さん風力でも頑張れ!

P1010158_R

 

浜岡原発の周りは通行できないので、内陸部分に一旦大きく迂回することになる。

迂回路を抜けると御前崎まではずっと海岸線を走る。

波の音が心地よい。

P1010159_R

P1010161_R

 

海岸線を行くと御前崎灯台が見えてくる。
(写真ピンぼけのため、ネットから拾ってきた写真です)

img_1797574_56030944_2

 

ココでNO70浜松御前崎自転車道線は終わり、ココからはNO69静岡御前崎自転車道線となる。

 

今まで左手に見えていた富士山が右側、海の向こうに見えてくる。

P1010163_R

 

御前崎港を過ぎ、少し内陸部側に入ると突然道は住宅街の中を通って行くようになる。

P1010168_R

 

しばらく行くと看板があり、どうやらこの道は昔の軽便鉄道という鉄道の線路跡に沿って作られているらしい。

P1010169_R

 

少し進むとトンネルが見えてくる。

P1010172_R

 

トンネルの入口には説明があり、実際に鉄道が通っていた時代の写真が載っていた。

P1010173_R

 

相良町の市街地を抜けると

P1010174_R

 

また海に出る。

駿河湾に浮かぶ富士山がとても綺麗だ。

ココも実は自転車道の軽便線跡は少し内陸側なのだけれど、堤防の上が気持ちよさそうだったのでルートを外れて走っている。

P1010175_R

 

上の写真の右下に写っている鳥にズームしてみた。

P1010177_R

 

なんか、このカメラ(パナソニックTZ-30)を買ってから鳥にすごい興味が湧いてきた。

P1010178_R

 

というか、その前にもう少しちゃんとした写真を撮れるようにならなければ。

 

海岸線を離れ国道150号からまた軽便鉄道の線路跡を走る。

P1010182_R

 

(実はこの間、少し自転車道線のルートから外れています。正式には勝間田川を渡った後に海岸線に戻るのだけれど、ボクは150号を直進してしまっています。マップには正規?ルート追加済)

 

 

左手に小山城が見えてくると今日の宿泊地、富士吉田IC近くのホテルはもうすぐ。

P1010183_R

 

ホテルに到着、ここまで約94km。

 

CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)静岡島田

P1010184

 

ココはビジネスホテルなのだけれど大浴場があるのが良い。

屋上の露天風呂は残念ながら故障との事で入れなかったけど、内湯も十分広くて疲れた体をゆっくり癒す事ができた。

 

しかし走っている人がほとんどいなかったな~。

貸切状態で凄く走り易かった。

ママチャリ意外ですれ違ったのはロード乗りの2人だけだもん。

ま、元旦だしね(笑)

 

ココから清水までは次回に。

 

太平洋岸自転車道ぎこぎこ その2

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

 

こんなコトも書いてます

リンク広告注目下

  • この記事を書いた人

ぎこぎこKEN

お一人様KENが、澄んだ空と宇宙(そら)を探して駆け巡った様子を綴っています!なんて、愚痴や他愛もない日記の方が多いかもしれないけど(笑)

-中部ぎこぎこ

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.