ライダーまでの道のり

怖えぇぇぇッ~!大型バイクNC700Xで公道デビュー&初ツーリング!

投稿日:2013-09-01 更新日:

 

じゃんッ!

P1020743

いやぁ~、我慢できなくて買っちゃいました!

でもって本日公道デビュー&初ツーリング!
ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪

ウソです、ごめんなさい
m(o・ω・o)mゴメンヨ

 

でもね、写真は本物

バイク購入は初めて&教習所で教習車しか乗った事無い、なんて状態なので初バイク購入に向けて色々なバイクにレンタルで乗ってみることした

でもって、レンタル試乗第一弾がNC700X

 

なんて書き方をすると計画的な感じだけど、いつものごとく思いつき^^;

 

きのうの午後、仕事を早めに切り上げ2りんかんへ行きヘルメットと手袋を購入、そのまま大宮近くのバイク屋へ

用意されたNC700Xに乗り込みイザ公道デビュー!

ちょっと仕事がらみで新大宮バイパスを通って板橋へ

公道、怖えぇぇぇッ~!

夕方の時間帯、新大宮バイパスは渋滞中

他のバイクは皆どんどんすり抜けで前へ行くものの、自分はと言えば・・・

絶対無理!

 

きのうはこのまま自宅へ戻り、今日は朝から南房総へ向け出発!

5号線浦和南から首都高に乗り都内を抜け京葉道路へ

首都高怖えぇぇぇッ~!

料金所ドキドキぃぃッ!

 

いやぁ~、いきなり首都高はちょっとチャレンジャーだったでしょうか

ずっと左車線を走っていたものの、分岐、流入、スピードが乗った状態での急カーブ、どれも初心者ライダーには難度高し

車で走っている時は何とも無いんだけどねぇ

それに車は路上教習があるけどバイクは所内だけだしね、やっぱ、むき身で走るって怖い

ヘ(゚曲、゚;)ノ~ ヒィイイイイイ!!

 

怖~い首都高から京葉道路へ

日曜日は慢性的に渋滞の京葉道路だけど、花輪・穴川あたりも何故か今日はスムース、ラッキー!

京葉道路から館山道へ・・・スピードアップ!

風圧スゲェェェッ!

 

いやぁ~、比較的風には強いと言われるNC700Xでコレじゃ、ネイキッドとかだと、どうなってしまうの?

一応ぬあわkm(他のブログが皆この表記なので真似をして)までは出してみたけど、とても巡航できるスピードではありません

なんて、一番の原因はライダーズジャケットじゃなくてデニム生地の長袖で行ったからなんだろうけど
(ごめんなさい!次回までにはジャケット買います!)

 

館山道は姉崎袖ヶ浦ICで降り、県道24号、国道410号、鴨川有料を通って外房へ

ワインディング?気持ちいいぃィィッ!

(ココがワインディングかどうかは別として 笑)

・・・が、鴨川有料の料金所で初めてエンスト

ニュートラルにしないままクラッチを離してしまいました

 

にしても、山道でのギヤの選択はまだ良くわからないな~

NC700Xは比較的どんな回転でも走ってくれるみたいだから自分みたいな初心者でもソコソコ走れるんだろうな

コレはちょっと別のバイクで要検証

 

鴨川からは以前自転車で走ったルート沿いに走る

海沿いは気持ち良いね
冒頭の写真は白浜あたりで撮った写真だ

館山からは内房沿いを下道で北上

途中、竹岡ラーメン本家の「梅乃家」を食べようとするも、あまりの行列で断念

地元木更津で久しぶりに「ラーメンハウス」の「塩ポテ」を堪能
(塩ラーメンにポテトをトッピング)

ココは最近こそ遠いから食べれないけど、何十年も通っていたラーメン屋さんなのだ

 

帰りは湾岸線から中央環状線経由、5号線で大宮へ

5号線の浦和あたりで目の前の空は真っ黒、稲妻も見える

案の定ゲリラ豪雨

雨の道路怖えぇぇぇッ~!

シールドは水滴でよく見えないし、交差点のマンホールや横断歩道の上とかドキドキ!

でもなんとか無事にバイク屋へ到着

 

 

出発時は確か2550kmぐらいだったODOは3010km

ドキドキ、ビクビクの460kmだったけど後半はだいぶ余裕を持って運転出来るようになったかな

肝心のNC700Xに1日乗った印象は・・・

意外に乗りやすい

 

以上!
だって運転自体に慣れるので精一杯で、インプレみたいなトコまで気がまわらないよ!

ましてや初めての公道だがら比較対象が無いし

 

でもね、思っていたよりも乗り易く感じた

まあコレは、NC700Xというバイクの持ち味によるトコロが大きいんだろうね

ま、こんな感じてKENの公道デビューは無事終了しました
次回のレンタル試乗はv-strom650の予定

 

みんな最初はビビってたんだろうね ⇒ バイクブログ 初心者ライダーBlog集へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

こんなコトも書いてます

-ライダーまでの道のり

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.