星空と宇宙のお話し

すっげぇ良かった!大人天文クラブ受講開始!

投稿日:2016-04-20 更新日:

 

池袋にある自由学園明日館で行われる公開講座

「大人天文クラブ」に行ってきた!

 

暗くてよくわからないたろうけど、自由学園明日館の建物は建築家フランク・ロイド・ライトの設計によるもので、国指定の重要文化財という由緒ある建物

34 (640x480)

 

そんな由緒ある文化的な建物の中で行われる天文学の講座

すっげぇ良かった!

 

自由学園明日館 公開講座「大人天文クラブ」

 

今日のレジュメと受講票

 

来てない人も居たみたいだけど、初回は13人(だったかな^^;)でスタート

意外なことに男性は自分を含め4人(みなさん年上、もう仕事は引退している感じの方たち)だけ、あとは全て女性だ

講座の時間は1時間30分、今の星空についての講義のあとは最新の天文トピックスからの講義

 

木星のオーロラについての話があったんだけど、すごく興味深い話だった

d0063814_11271311

 

地球の11倍という大きさにも関わらず、一周10時間と高速で自転している木星

その高速自転で磁気圏が活性化し、あわせて地球の1000倍以上強い磁場を持つことから、地球の100倍以上の明るさのオーロラが発生するそうな

20160323_hisaki

 

その100倍以上の明るいオーロラの発生メカニズムを調査しているのは惑星分光観測衛星「ひさき」

sprint_a_main_001

 

初めて知ったけど、こういう衛星で色々な事を解き明かしていたんだね~

オーロラの観測というと
地球のオーロラに関連する、地球のまわりを取り囲む高エネルギー粒子を観測する「ERG衛星」

そのERG衛星では現在、応援のメッセージをアルミプレートに印刷し一緒に搭載するという夢のある応募を4/25まで受け付けているそうな

ERG衛星とともに 地球周辺の宇宙空間の最後のフロンティアであるヴァン・アレン帯の探査に出かけましょう!
main

日本の衛星や宇宙船というとISSの「きぼう」とか気象衛星「ひまわり」や「はやぶさ」、もしくは最近ちょっとニュースになっているX線天文衛星「ひとみ」ぐらいしか思いつかないけど、色んな衛星が活躍しているんだね~

最後に講師の内藤先生?は五年越しで復活した金星探査衛星「あかつき」の話を熱くお話し

10分ぐらいだったかな、ちょっと時間をオーバーして初回の講義は終了

いや~1時間30分、あっという間だったな~

「学ぶ」なんて大げさなことじゃないけど

新鮮で、ちょっとワクワクして、「そうだったんだぁ」なんて感心して

 

「大人天文クラブ」

すっげぇ良かったよ!

 

こんなコトも書いてます

-星空と宇宙のお話し

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.