スポンサーリンク

関東ぎこぎこ

NO43 松戸野田関宿自転車道線

投稿日:2012-12-24 更新日:

大規模自転車道の旅シリーズ始めてみましょうか。
制覇なんて書いたけど、そもそも未整備区間や、はっきりしていない区間もあったりするので、だいたい走れればOKみたいなユル~い感じで行こうかな、なんて。
既に走ったところは追々カテゴリと内容を変えていくとして、まずは第一弾「NO43 一般県道松戸野田関宿自転車道線(江戸川左岸自転車道)」から。
当然お供は輪行用DAHON Dash P18で。
(ちなみにコレは12月23日(日)昨日の走行記録です)
P1010024_R


走った証明と言うわけではないけれど、先日購入したユピテルのGPS MAP「ASG-CM13」で早速ログを取ってみてgoogle mapにルートを落としてみた。

より大きな地図で 一般県道松戸野田関宿自転車道線 を表示

なんて簡単に書いてはみたものの、この段階まで持ってくるのに3時間掛かりました。
3時間掛かった理由はまた別の機会にし、まずはスタート地点の栗橋駅から。
今回は夜船橋で忘年会があるので「NO43 一般県道松戸野田関宿自転車道線(江戸川左岸自転車道)」の上流側スタート地点「関宿城」に近い栗橋駅まで輪行し、ココから利根川沿いを少し走り江戸川に入った。
まずは利根川。
う~ん曇りで尚且つ全体にガスが掛かっていて雰囲気はイマイチ。
P1010008_R

日曜日なのに誰も走っていない利根川沿いをしばらく走ると(前も思ったけど利根川中域は人気ないのかな?)江戸川の分岐地点と関宿城が見えてくる。
P1010010_R

水門の上を通り関宿城へ。
P1010011_R

時間があれば見ていきたかったのだけれど、起きた時間が10時と寝坊したためスルーして江戸川左岸へ。
あいかわらず天気はイマイチ。
P1010012_R

しばらく進むと荒川にもあったグライダーの飛行場が有って、たくさんのグライダーが飛んでいた。
荒川と違うのは、ココはワイヤーで引っ張るんじゃなくて小型のセスナ機で引っ張って離陸すること。
P1010013_R

曇りという天気のせいか、あまり走っている人はいなく、心なしか目に映る風景も殺伐とした印象を受ける。
東武野田線の鉄橋。
P1010014_R

野田線を過ぎると、何処からともなく良い匂いが。
キッコーマンの醤油工場だった。
P1010015_R

休みなのに、ここまで匂いが強いって事は工場の動く平日はもっとなのかな?
ココでちょっとだけ青空が。
そういえばGPS MAPはこんな感じで付けてます。
P1010067_R

バックライトが点いていない状態だと、かろうじてスピードや時間などの表示が読み取れる程度。
タッチしてバックライトが点けばルートも何とか見えるかな。
タッチパネルが感圧式だから、手袋をしたままでも操作可能なのはこの時期かなり便利。
晴れ間はホンのひととき、まと曇り空へ。
P1010016_R

天気もそうなんだけど、この日は風も向かい風で少し辛かった。
でも、こういうシチュエーションでなければ見れない風景もまた良い雰囲気だったりする。
P1010019_R

スカイツリーのシルエットが見えてきて、都内に近づいてきたことを感じる。
P1010022_R

それにしてもスタートが遅すぎたね。
ホントは葛西まで行くつもりだったけど、流山を過ぎたあたりですっかり夕暮れ時に。
P1010023_R

江戸川と荒川、下流域は江戸川の方が走りやすいかもね。
写真に撮らなかったけど、車止めの形が緩くて荒川みたいに自転車から降りなくてもパス出来るし。
(葛飾橋より下流、右岸はわからないけど)
松戸野田関宿自転車道線の終点?葛飾橋から上流を望む。
P1010025_R

ということで一応江戸川左岸は走破したのでココで終了。
葛飾橋を都内側に渡って京成金町駅へ。
P1010026_R

金町駅からは明日のスタート地点京成勝田台駅近くのホテルへ行きチェックイン。
荷物を置き船橋の忘年会へと向かいました。
そうそう、折りたたみに欠かせないdash P18付属のアーレンキー。
なんと折れてしまいました。
P1010088_R

弱いね~。
別のアーレンキーセットを持っていたから良かったけど、なかったら悲惨だった。
船橋で浴びるほど飲んでしまった後の今日(24日)、印旛沼方面に出掛けたのだけれど、それはまた後日。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

こんなコトも書いてます

-関東ぎこぎこ

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 AllRights Reserved.