MENU

新章グイン・サーガ、早くも10巻目!140巻「ヤーンの虜」購入!

土曜日が祝日で、大手を振って休める連休だったのに・・・

結局2日とも仕事でした!(泣)

まあ、エンドユーザー直の仕事はしょうがないですね
楽しみにしていた「北杜市みずがき天文愛好会」の例会も欠席になってしまったし

そんななか、ちょっと嬉しかったのは・・・

グイン・サーガ140巻発売!
(*´∀`p〃qパチパチパチ

 

 

(えっと、ココから先は、グイン・サーガを知らない人には「何言ってるの?」的な内容なんで、興味ない人はそっと閉じてください 笑)

 

 

およそ二年前
「大発見!超嬉しいィィッ!世界最長の小説再び」
なんて投稿と共に再び読み始める事になったグイン・サーガ

とうとう五代ゆうさん、宵野ゆめさんによる新章も10巻目となりココまできたね~

あいかわらず栗本薫さん時代の「グイン・サーガ」を愛する人たちからは、「馴染めない!」なんて声も多いみたいだけど、ボクは楽しませてもらっているかな

良くも悪くも、執拗にまで行われていた状況描写(笑)も鳴りを潜め
(これはホント賛否両論あるのだけれど)
さくさくと物語が進んでいく新章「グイン・サーガ」

本を読んでワクワクする感覚って久し振りで心地良い

 

あらためて書くけど、ボクがグイン・サーガに出会ったのは高校1年生の時だったかなぁ

そこから栗本薫さんが亡くなる2009年まで、欠かさず読んでいた

記念すべき第1巻の発売は1979年
ボクは数年後に読み始めた訳だけど、第1巻「豹頭の仮面」は「これから何が始まるんだろ?」とドキドキしたっけ

 

 

そこから続く怒涛の展開にも凄く引き込まれ、ほんと次巻の発売が待ち遠しくてしかたがなかった

主人公「豹頭のグイン」から始まり
イシュトヴァーン、ナリス、リンダ、マリウス、スカールetc

それぞれに、それぞれの物語があり
個々のキャラクターに関して深く掘り下げる内容だから感情移入が凄いことになるんだよね

 

そして今回の140巻「ヤーンの虜」
実はまだ読んでいなく、これから読みます^^;

グインはシルヴィアを追いかける旅に出るらしいけど・・・

う~ん、楽しみ!

 

それにしても
近所の本屋さんは何とかならないかなぁ

置いてあるのは・・・1巻だけ!

多分売れないのだろうから、しょうがないとは思うんだけどさ

これくらい置いてくれたら・・・

ブックファースト新宿店

 

まあ正伝、外伝合わせて160巻近い数だからね~
小さい町の本屋さんじゃ置けないよね(笑)

 

あと実は、NHKでアニメ化なんかもされていて

 

そのうえ、amazonのプライム会員なら全話見放題!

 

皆さんも「グイン・サーガ」いかが?

ま、本を新品で買い揃えたら・・・

約10万円ぐらい掛かるけど(笑)

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

何事にも彷徨(さまよ)ってばかりの「お一人様」。一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた賢(ケン)が、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。自転車・バイクでの彷徨い記録、あるときは人生に彷徨(さまよ)う様を、あるときは星空&宇宙について綴っています。

コメント

コメント一覧 (6件)

  • Kenさん
    こんばんは、
    Kenさんの周りは沼が多すぎます。 まあ確かに埼玉は野池も多いですけど。。
    レンズ、カメラ、シーモス、小説、望遠鏡、オートバイ、チャリ、多分他にもあるでしょう?

    • ■DeepSkyAdventurerさん
      こんばんは!
      >Kenさんの周りは沼が多すぎます。
      o(〃^▽^〃)oあははっ♪
      まあ、その通りかもしれませんね
      でも、それぞれ沼って言うほどハマっていませんよ
      オールドレンズと言い、カブと言い、自転車と言い
      みんな本格的な人から見たら、オモチャとは言わないけど安いものばかりですよ

      おそらく30代の時の「人生のどん底時代」に何も出来なかった反動なのでしようねぇ(笑)
      最近このブログを見始めた人は知らないでしょうけど
      なんせホームレスだった事もありますから(;^_^A アセアセ・・・

  • こんにちは。
    我が家の栗本薫コーナー、大公開してみましたよ(笑)

    違う作者による書き足し云々の賛否というより、自分の場合は2009年の突然すぎた訃報のショックがあまりにも大きくて、未だに新しい本を手に取ることができません…

    • ■さとうさん
      にわか栗本薫ファンとKENです(笑)
      さとうさんは、物書きとしての栗本さんにも惚れ込んでいたんですね~
      (中島梓さんの名前が懐かしい!)
      言われてみれば、ブログの文体が普通の人とは違う感じがします
      ボクは栗本薫ファンと言うよりは、たぶんグイン・サーガのファンなのでしょうね
      確かに物書きとしてのグインファンでしたら、今のグインのページを開くのには勇気がいるかも
      (ボクは物語としてのグインの先行きに対する興味に負けました^^;)
      いつかページをめくる日が来るのかな?

      それにしても、さとうさんの本棚を見て
      凄く後悔してます
      人生の坂道を転げ落ちた時^^;に、今までのコレクションを全て手放してしまって(泣)
      もう一度1巻から読んでみたいなぁ
      古本で集めようかな!

      それにしても、上手く文章が書けない自分が恨めしい

      • おはようございます。
        時々家族に「このままではゴミ屋敷になる!」と叱られるんですが、昔から雑誌を含めて本を捨てられない性分で困ったものです、なにしろ文庫だけで2000冊はありそうで…(苦笑)

        先行きと云うか行く末が心配なキャラだと、そうですねえ、グイン御大はそれほど心配していないのですけど、イシュトとリギア姉さんは気になりますねえ

        • ■さとうさん
          こんばんは!
          2000冊、凄いですね~
          ボクはも実は捨てられない性分なのですが、必要に迫られ処分しました^^;

          ホント、イシュトとリギア姉さんはどうなるんでしょうね~
          新章でイシュトは更なる破滅への道に歩み出していますよ
          リギア姉さんも、ヴァレリウスも大変です・・・
          読んでみます?(笑)

コメントする

コメントは基本承認制です。また日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)