バイクつれづれ

東九フェリーの新造船で行く四国・九州ツーリング 無人車航走でカブだけ送ることも出来るよ!

投稿日:2017-03-08 更新日:

 

あ~、なんか息が詰まる!

ちょっと2月は散々な月でした
公私共に色々あり、せっかくの休みは天気が悪く

2月は星見もツーリングも何処にも出掛けてない!
きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

そんなんで人様のブログの遠征記やツーリング記なんかを見てしまうと、もぉぉぉ~っ!!o(*>д<)o″))な日々だった

3月は天気良いかなぁ
あ、その前に仕事が・・・(泣)

と日記はココまで

 

以前 年末年始ツーリング終了~ そして即プチ遠征へ の中で「そのうち詳しく紹介しようかな」と言っていた東九フェリー

いつの間にか2ヵ月が経過し、このままでは忘れてしまいそうなので、今更だけど紹介するよ!

まずはおさらい

 

東九フェリーとは

東九フェリーは東京の有明港から四国の徳島と九州の新門司を結ぶ長距離フェリーだ

実はクロスカブに乗ることになって初めて知った東九フェリー

オーシャン東九フェリー

クロスカブに乗る前のNC700X時代、高速を使えば青森だろが岡山だろがビュ~ンと、ひとっ飛びだったけど、原付きのクロスカブ君はそうは行かない

遠くへ、より早く移動するためには長距離フェリーが欠かせないわけですよ

 

ただね~
大阪以西の地域は色々なフェリーの選択があるのだけれど

クロスカブで行く年末年始ツーリング!フェリーだけは予約しなきゃ

なぜか東京から出発するフェリーは東九フェリーしか選択がないのだ

 

で、今回は疲れがMAXになる帰り道の徳島~東京を東九フェリーを実際に利用したので、艦内の様子などをちょっと詳しく

 

東九フェリー新造船「りつりん」の場合

実は東九フェリー、現在就航している「びざん・しまんと・どうご・りつりん」の4艦は、全て2016に就航したばかりの新造船だ

東九フェリー、次世代フェリー就航

新しい船は気持ち良いよね~

前々回の年末年始ツーリングの帰りに乗った、新門司~大阪間の阪九フェリーも新造船でメチャきれいだった

クロスカブで征く年末年始ツーリング!10日目&最終日 九州サヨナラ

(阪九フェリー新造船ひびき)

 

今回ツーリングの帰り道、徳島から乗ったのは「りつりん」

まずは車両甲板

普通のフェリーでは殆ど端に斜めに固定されるケースが多いけど、東九フェリーではこんな感じで二列に真っ直ぐ駐車するスタイル

車両甲板から上がるとエントランスホール

右手奥に電子レンジが数台見えるけど、実は東九フェリーには食堂が無い

ただ、その代わりと言ってはなんだけど、販売機がもの凄く充実していて、食事はソコから選んでチンして食べるのが東九フェリー流

パスタからうどん・そば、カップ麺やオニギリ・ピラフ等種類は豊富

お酒類はもちろん、おつまみ系も充実

 

船内案内図!

今回ボクが止まったのは青いBのエリアにある2等洋室

ホールから廊下を進んで部屋に

 

中に入るとこんな感じになっていて

 

それぞれ半個室っぽい階段式の2段ベットを採用した相部屋になっている

 

ちょっとした棚とハンガー掛けのあるベッド足元

 

枕元には照明と100Vのコンセントもあるよ

 

上のデッキはこんな感じ

東九フェリーは夜行便と違って、昼の景色を楽しめるのも良いよね

 

コレは紀伊半島沖だったかな

ただちょっと残念なのは、夜になるとデッキに入れなくなること

外洋を進む航路だから危ないのかな?
きっと星がキレイに見えたはずなんだけどな~

でも・・・夕陽はメッチャ綺麗!

 

夕方になったらお風呂に入るよ!

まさにオーシャンビュー!

波間に浮かぶ船の上から海を眺めながら入るお風呂

気持ち良いィッ!

 

風呂とは別にシャワールームも4コーナーほど

 

洗面所もキレイだね~


(ネットから転載)

椅子は動かないように床に縛ってある

 

ちゃんとコインランドリーも

 

基本個室以外の人はホールにある休憩スペースみたいな所で休んでいる感じかな

 

あとは艦首にあるロビー

 

ボクは客室の真ん中辺りにあるリラクゼーションスペースにずっと居た

当然陸地から離れてしまうと地デジは見れないのだけど、BSのチャンネルは全てOK

ちなみにWIFI等の設備は無いから、陸地に近いトコロ以外はスマホ関係は使えません
本とかキンドルを持っていった方がよいかな

 

消灯は何時だっかな~?
消灯後はベッドに戻り、冬の間はまだ暗い朝の5:40、有明に着くまではおやすみタイム

まあ次世代フェリーと言っても細かい振動はあるね
気になる人は寝付けないかな

でも、地上とは隔離された世界での一泊って、なんかドキドキするよね

 

まあざっとだけど東九フェリー新造船の案内は以上

多分ブログでは全く良さを伝えることは出来ていないだろけど、たまの船旅も良いよ

 

あ、出発前の投稿にも書いたけど
東九フェリーでは無人車航走なるシステムがあって、バイクだけ送る事が可能です
(原付きのみフェリー会社の人が積み下ろしOK、125cc以上は自分で積み下ろし)

詳しくはその時の投稿を参考に

スカイツーリングより安くて便利?バイクだけ送る東京~九州ロングツーリング

最後にボクの大好きな造船所で作られている、東九フェリー「びざん」の様子がわかる動画コーナーもちょっとだけ

オーシャン通信

 

ちなみに今回の投稿は「クマちんさんのブログ」を見て思いつきました

あぁ、九州にまた行きてえぇぇッ!

佐世保バーガー食いてえぇぇッ!

 

 

こんなコトも書いてます

-バイクつれづれ

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.