星空と宇宙のお話し

育樹祭記念広場で星空写真 PENTAXキットレンズで富士山をバックに天の川!

投稿日:2015-08-07 更新日:

 

ホントは水木と連休で、内山牧場にキャンプツーリングに行くつもりだったのだけど

首は痛いし天気はイマイチな感じだったので断念

なにより木曜日は仕事で休めなさそうだし

 

それでも昨日は(正確にはおとといか)、悶々とした気分を打破すべくGPV天気予報と睨めっこ

月が出てくるまでの間の21時前後、雲のない真っ黒のエリアは山梨の一部と千葉

 

そういやSS-oneのフアーストライトの時、初めての天体望遠鏡ってこともあって、カメラレンズで富士山をバックにした天の川を撮れなかったので、今回も富士の麓、鳴沢村の育樹祭記念広場へ

 

6時過ぎ、記念広場に到着!

IMGP1778 (800x530)

 

富士山をバックに昇る天の川、今回は撮れた!

IMGP1806

カメラ PENTAX K-5ⅡS
レンズ smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR
JPEG、ダークもフラットも無し、かぶり補正も無し

 

飛行機は沢山通るし、河口湖では花火大会が開催されているらしく打ち上げのたびに光が(泣)

他にも途中、取材?のヘリコプターが飛び回るしでコンポジットの枚数を稼ぐなんて無理ムリ

カメラレンズは中古のキットレンズ標準ズームだしね

ま、作品を撮っているわけじゃないからよいか

(と、言い訳しながらphotoshop elementsで強調のみ実施 笑)

 

でも、月が顔を出すまでの間の天の川は綺麗だった~

誰も居ない広大な芝生の広場に寝っ転がり、双眼鏡で星空散歩

星空を見上げ眺めていたら、余計に首が痛くなってしまったけど良い気分に浸れたかな

 

そう言えば今日あらためて思ったけど、自分は眼視派かもな

肉眼で見えない宇宙をあぶり出すという作業は好きだけど、周辺まで収差のない点像だとか、赤が写るとか周辺減光だとか、お金を掛けて突き詰めようという気がおきないでも自分の目で、写真ほどに見えなくてもリアルに見てみたい気持ちはスゲェあるから、いずれはドブソニアンとか買ってるかもな(笑)

 

こんなコトも書いてます

-星空と宇宙のお話し

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.