お一人様のくだまき 星空と宇宙のお話し

ボクが今好きなのは「宇宙(そら)に思いを馳せる」事なんだと実感

投稿日:

  

こんばんは!

色々と消化不良な毎日だけれど、ちょっと感じた事があったので書いておこうと思う

 

今ボクは「天文部」なんてカテゴリをブログ内に設けるぐらい、「宇宙」に関することにハマっている

バイクでのツーリングや自転車でサイクリングも好きだけど、やっぱり自分が一番ワクワクし興味があるのは天文の世界

 

天文の世界と言っても色々な楽しみ方があると思うんだ

カメラ好きな人は、天の川を広角なレンズで撮る「星景写真」なんてのが好きな人が多そうだし

カメラレンズではなく、星雲や系外銀河を天体望遠鏡で、キレイに、更に肉眼では見えない部分をあぶり出すことを究めようとしている人も居る

 

あとは写真よりも、ドブソニアンや対空双眼鏡、大口径屈折で惑星や星雲星団を自分の眼で楽しむ事に重きを置いた「眼視派」な人

ひたすら太陽の黒点やフレアを観測する人

月にこだわって観測とクレーターを取り続ける人

皆それぞれに自分の好きな分野で、色々な楽しみ方をしている

 

では自分はどうなのかと言うと・・・

「宇宙(そら)に思いを馳せる」事が好きな人

なのかな、なんて

 

ちょっと「思いを馳せる」なんて、こっ恥ずかしい表現だけど(笑)、そんなロマンチックな話ではなく、ただボォっと、とりとめもなく宇宙のことを見聞きすることが好き

 

ボクは正直デジイチ(一眼レフカメラ)自体には、あまり興味が無い

天体写真とカメラは、切っても切り離せいない関係だから「興味が無い」ってのは語弊があるかもしれないけど

前々から言う通り、天体写真以外の日常、旅行やツーリングでのスナップは「デジイチなんて要らない コンデジで充分」と思っているし

正直天体写撮影以外でのカメラの話、解像度やレンズによる違い、ボケ具合、AF精度etc・・・

なんて物に、全く興味がない

(高感度なカメラだけには興味あるけど 笑)

 

かと言って、その肝心な天体写真においても、なぜか必要以上に「素晴らしい写真」なんてものを目指していない自分が居て(人の写真を見るのは大好き^^;)、「数時間の露出」とか、ピントを追い込むとか、コマ収差の少ない鏡筒・レンズなんて部分にも、ゼロではないが究めるために突き詰めようなんて気が、ほとんど無い

いや自分が撮ったモノが、肉眼では見えないようなトコロまで浮かび上がり、鮮明になっていく様は、それはそれで心躍るものがあるのだけれど

どこかで「ちょっと違うかな?」なんて違和感もあったりする

 

で、「宇宙(そら)に思いを馳せる」

 

2年前に初めて受講した「大人天文クラブ」

 

ぐんま天文台の天文入門講座「ブラックホールと重力波」を受講した時

 

先週土曜日に聞きに行った、「東大宇宙線研究所」と「カブリ数物連携宇宙研究機構」の合同講演「粒をさぐる・粒でえがく宇宙」

 

そして今回、再度受講することになった「大人天文クラブ」

 

自分、写真を撮ったり星空をただ眺めるのも好きだけど・・・

どうやらただ「宇宙(そら)に思いを馳せる」時間が好きみたいなんだ

 

ボクは馬鹿で学も無いものだから、詳しいトコロまでは理解出来ないし、難しい数式が出てきても「なんじゃこりゃ?」みたいな感じなのだけど、それでも話の中で「宇宙の深淵」なんてモノが、一瞬でも感じられるとドキドキ・ワクワク、僕の心は宇宙(そら)に向かって、どんどん羽ばたいていくわけ

 

写真や、ただの観望も好きだけど

今自分が一番好きなのは、今まで聞いたことの無いような「宇宙の話し」を聞き、あらたに「宇宙(そら)に思いを馳せる」瞬間だったりするのかもしれない

 

三次元の世界でもあやふやなのに、11次元の世界とか「陽子の崩壊」とか、そんな話を聞いていると高揚感にも似た感情がフツツフと湧いてくるわけなんだよなぁ

 

今回「大人天文クラブ」を再度受講しても、正直前回、前々回と似たような話も多い

それでも話しを聞きながら「宇宙(そら)に思いを馳せる」ことが出来る

別に「宇宙につい学ぼう」なんて高尚?な目的は無いんだ

でも色々な話しを聞き、自分で思いを巡らせていると、なんとも言えない不思議な感覚にとらわれるんだよな

 

そうそう、講座の中でも言っていたけど、4/23は「こと座流星群」だね


Astro Artsより転載

 

休日出勤の代休を入れ込んだけど

流れ星を見ながら「宇宙(そら)に思いを馳せる」事が出来るかなぁ

 

宇宙はどこまで続き、その構造はどうなっているのか?

ブラックホールの先に待っているものは?

宇宙に終わりは有るのか?

 

「宇宙(そら)に思いを馳せる」時間への追求は、まだまだ続きそうだ

 

 関連する投稿を見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぎこぎこKEN

一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた(笑)KENが、折りたたみ自転車でのサイクリング、バイクでのツーリング、星空&宇宙について綴っています!なんて、愚痴や他愛もない日記の方が多いかもしれないけど(笑) プロフィールページはコチラ

-お一人様のくだまき, 星空と宇宙のお話し

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2018 All Rights Reserved.