澄んだ空と宇宙(そら)を探して

ぎこぎこ・こぐこぐ

直腸がん闘病記 ストーマ・オストメイト

手術から50日 お尻を縫ったKENは自転車には乗れるのか?リハビリサイクリングin荒川

投稿日:

 

直腸がん手術から50日

前回のクロスカブでのリハビリツーリングにつづき、今日は自転車でリハビリサイクリングをしてみた!

クロスカブでリハビリツーリングin堂平天文台!

 

いや~、乗り始めはかなりドッキドキだったよ

クロスカブも同じ跨いで乗る乗り物だけど、シートは自転車と違って大きいからね

 

それに比べて、自転車のサドルは小さい!

それにママチャリと違って、ロードバイクや折りたたみ自転車のサドルはさらに小さいし

 

通勤仕様クロモリロード「MASI号」

 

う~ん、さすがに手術後初の自転車にサドルの小さなロードバイクは怖いかぁ

じゃあ折りたたみ自転車の「Dash号」にしよう!

 

って、「Dash号」のサドルも大きいとは言えないけど^^;

 

ご近所サイクリングだから必要ないだろうだけど、お尻に優しそうだったからゲルパッドの入ったサイクルインナーパンツを履いてみた

 

考えてみたら、運動らしい運動も久しぶりだなぁ

 

おそるおそる、そぉっと「Dash号」のサドルにまたがるKEN

はたして、お尻は悲鳴をあげることなくサドルを受け入れのか?

 

いける!いけるぞぉぉッ!(笑)

サイクルパンツのゲルが良いのか、「Dash号」のサドルの真ん中部分にあるくぼみが良いのか、痛みは全くと言っていいほど感じない

 

まあオフィスのイスで、だいぶお尻も鍛えられてただろうからね

ただ、座っているだけのオフィスのイスやクロスカブのシートと違い、自転車は足を動かして漕がなきゃいけない

当然お尻を縫った部分にも負担が掛かる

 

そぉっとサドルにまたがった後は、そぉっとペダルを漕ぎはじめる

走れる!走れるぞぉぉッ!

 

いや~、拍子抜けするぐらい普通に走れます!

区役所そばの電波塔

 

おぉ、痛くない、痛くない
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

気を良くしたボクは、ご近所だけではなく荒川へ

 

土手の上の道はあいかわらず気持ち良いなぁ

 

てか、久しぶりの自転車

めっちゃ気持ち良い!

 

もう稲刈りの季節なんだね~

 

荒川土手の道沿いには彼岸花も

 

調子に乗って田んぼの間のあぜ道にも突っ込んでみたけど、ちょっと振動が下っ腹に響くものの大丈夫そう

 

てか、たいち君怖いよ(笑)

 

結局写真を撮るのに休み休みだったけど、1時間半ぐらい走ったかなぁ

今のトコロ、体の異常は見られず問題はなさそう

 

直腸がんの手術によりストーマ(人口肛門)になった訳だけど

バイク、自転車と、ちょっとずつではあるけれど、いつもの趣味の日常も見えてきたかな

ストーマ?オストメイト?お尻の穴が無い不思議な感覚「永久人口肛門」という選択

 

これだったら、せっかく通勤仕様に改造したままオブジェとなっている(笑)「MASI号」を稼働させられる日も近そう

クロモリロードバイクにキャリアを付けて通勤仕様に!(仮)えっ?カゴも付けちゃうの?

 

と順調な回復ぶりをアピール出来たわけだけど、ちょっと注意も

と言うのも、前回のクロスカブでのリハビリツーリングの後、3日ほどお尻が痛くなり「ちょっと無茶しすぎたかな?」なんて

 

少し調べたら、マイルズ手術の後のお尻を縫った部分は、感染症に注意しなければいけないみたいだ

マイルズ手術の内容としては、肛門から、ストーマ造設部までの腸を全て切除して、吻合せず、切りっぱなしの状態になっている点が特徴的です。そのため、腸から肛門までに空洞ができ、そこに炎症が起きる状態がよくあります。いわゆる骨盤死腔炎という状態です。マイルズで術後の感染というと、これが第一に考えられるので、注意が必要です。もちろん、熱型や、臀部から腰部のあたりの痛み、発赤や腫脹がないかどうかの観察が重要ですね。

 

まあボクの場合は、表面的な傷の痛みだけだったみたいだから良かったけど、いちおうお尻の縫合部分に力が掛かるような動作をしたあとは、注意して異常が見られたら外来に行ったほうがよいかも

 

てか、お尻の痛みより明日の筋肉痛の方が怖いなぁ

すでにふくらはぎが痛いし^^;

 

 

  • この記事を書いた人

ぎこぎこKEN

自転車もバイクも、そして人生も、のんびりと想いのままに。一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた(笑)KENが、折りたたみ自転車でのサイクリング、バイクでのツーリング、星空&宇宙について綴っています。澄んだ空と宇宙(そら)を探してどこまでも!

-直腸がん闘病記, ストーマ・オストメイト

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2019 All Rights Reserved.