澄んだ空と宇宙(そら)を探して

ぎこぎこ・こぐこぐ

V-Strom650XT キャンプ

V-Strom650XTトップケース変更!その2 JMSラゲージBOX装着編

更新日:

ゴールデンウィークいかかお過ごしでしょう!
(仕事の方、浮かれてゴメンナサイ)

ボクはと言えば、今日からツーリングに行く予定だったのだけど、まッッたく準備をしておらず^^;、なおかつ今日28日(日)も少し仕事があったので出発は明日以降になりそうです

 

で、本日午後より、前回の投稿の続き

V-Strom650XTトップケース変更!アイリス箱から同じくカブ乗り御用達、JMSラゲージボックスへ!その1

続きを見る

JMSさんの「NEWラゲージMボックス」を、やっとV-Strom650XTに装着してみた!

 

V-Strom650XT キャリアは旧型の方がツーリング向け

 

現行型のV-Strom650はアイリス箱の時もそうだったけど、箱が積みづらいんだよね

 

なぜなのか?

一つ前の型のV-Strom650のリアキャリアはフラットでこんな感じ

 

対して現行型のV-Strom650のリアキャリアはこんな感じ

 

何が違うのかと言うと、旧型はクラブバー部分も含め真っ平らなのに対し、現行型は赤丸部分がキャリア面より上に出っ張っていて平らじゃないのだ

 

これね、地味~な部分に問題があってさ

というのも、少し大きい物を載せようとすると、クラブバーの出っ張り部分に当たって、物とキャリアの平らな部分に隙間ができ、座りが悪くなるわけさ

 

このまま固定したら、点で支えることになるからね

よろしくないよなぁ

 

JMSラゲージBOX、実際にV-Strom650XTに装着!

 

ということで

隙間をなくし、面で支え固定する方法を考え実践してみた!

 

色々考えたすえ、選んだのは・・・

まな板!(笑)

 

キャリア面とクラブバーTOP部分の差は約15mmぐらい

今回選んだまな板は、写真に寸法が書いてあるけど19mm厚、これで箱はクラブバーに当たらないはずだ

 

最初は腐食を恐れ、アクリル板みたいなのもので作ろうかと思ったんだけど、ホームセンターで、ふと目に止まったのが、このまな板

値段も安いし(600円ぐらいだったかな?)、水回りで使うものなので多少の雨も大丈夫だろうと

 

さっそく寸法を測り、ドリルで穴あけ

 

脇から見ると、木口の部分が見えてしまうため、マジックで黒色に

 

まな板に穴が空いたら、今度はラゲージBOX側にも穴あけ

 

穴あけが済んだら、キャリア側に滑り止めのシートを置き

 

穴を空け、10cmほど長さをカットした「まな板」を載せ、さらにその上にも滑り止めシートを

 

で、その上に加工済みのJMSラゲージボックスを載せ、ボルト締め

 

あ、ちなみに固定位置は前回のアイリス箱を取り付けたときと同じく、もともとのキャリア固定ボルト二箇所に、キャリアの穴を利用し挟み込む様に固定している

V-Strom650XT GIVI E22Nとアイリス箱で純正風なんちゃってフルパニア!

続きを見る

 

で、完成!

 

クラブバーとの干渉もなくばっちり!

 

ちなみに「真っ黒」なラゲージBOXは少し味気なかったんで、ヤフオクで「V-STROM」ステッカーと、楽天で反射ステッカーを買って貼り付け

 

さあ、これでバイク便仕様のV-Strom650XTが完成!

キャンプツーリングに出かけるか!

 

えっ?

バックに写っているテントは何かって?

Naturehikeのテント「Hiby3」(ハイバイ3?)を新調しちゃいました!

 

Naturehike「Hiby3」(ハイバイ3)試し張り

 

いや~

色々思うところがあって、テントも新調しちゃいました!

(ただ、物欲に負けただけと言う話もあるが・・・^^;)

 

広い前室

 

高さと広さのあるインナー部

 

さて

JMSのラゲージボックスに新テントを入れ

東北ツーリング行ってきますかね!

 

でも・・・

天気がな~

 

 

 

  • この記事を書いた人

ぎこぎこKEN

自転車もバイクも、そして人生も、のんびりと想いのままに。一度人生の坂道をどん底まで転げ落ちた(笑)KENが、折りたたみ自転車でのサイクリング、バイクでのツーリング、星空&宇宙について綴っています。澄んだ空と宇宙(そら)を探してどこまでも!

-V-Strom650XT, キャンプ

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2019 All Rights Reserved.