天文部について

天文部のカテゴリー

 天文機材とツール
 観望・撮影日記
 オールドレンズで撮る!
 上達しない画像処理
 縮小コリメート
 星空と宇宙のお話し
 その他星見関係

 

ぎこぎこ・こぐこぐ天文部のページへようこそ

%e5%a4%a9%e6%96%87%e9%83%a8

 天体写真ギャラリー

キャンプツーリングで見た満天の星空で、子供の頃の宇宙への憧れと思いが再燃し天文の世界へ

中学時代は天文ガイドを読み、パイレックスのガラスから反射鏡を作り望遠鏡を自作しよう!
なんて思っていたことも(実現せず ^^;)

当初PENTAXのデシタル一眼レフカメラK-5Ⅱsとアストロトレーサーで始まった部活動も、最近では色々な方向に拡大中

ぎこぎこ・こぐこぐ天文部の活動方針

PENTAXの無改造カメラに個人製作のポタ赤道儀、マイノリティな機材構成で頑張ってます!(笑)

当初は車を持っていなかったためK-5Ⅱs+アストロトレーサーの組み合わせをバイクに載せ撮影に出掛けていたのですが、その後「バイクで星見」を充実されるため、検索していたらヒットしたのが「理想のポータブル赤道儀」

「コレならバイクにも積めて、小さい屈折なら載るかも」

と、「ほんまかさん」が開発・制作されたSS-oneポータブル赤道儀をはじめ、同ほんまかさん製SS-one AutoGuider、SS-oneポーラー等を購入、小型高性能のSS-oneシリーズは、今ボクのシステムには欠かせない存在なっています

ただ、ポータブルでも高性能を目指したため、自分にしては少しお金を掛け過ぎてしまいました^^;

でも、基本的には「お金をあまり掛けずに!お手軽に!」をモットーに取り組んでいきたいと思っています

と言うか、ぶっちゃけ
天体向けに改造されたフルサイズ一眼20~30万円
単焦点の明るいカメラレンズ5~20万円
明るく隅々までフラットな視野の天体望遠鏡10~100万円以上
その遠鏡を載せる高性能な赤道儀20~50万円
眼視の場合はアイピース一本に1~10万円
果ては各種フィルターにレデューサーだのフラットナーだのコントロールのためのノートPC等々・・・

残念ながらこれらを全て購入・維持して行くだけの財力が、僕には決定的に足りません(涙)

なので基本的に機材はコストパフォーマンス重視で、中古品や格安品、オールドレンズ等の高みを目指さない構成で、お手軽に楽しめる方向にて活動中です

1e070855-700x524

 

最近観望用に口径20cmの反射望遠鏡と中古の赤道儀も導入!
ま、コチラも望遠鏡は新品で約30000円、赤道儀は中古で約40000円と格安ですが^^;

ef3c5e4e

 

また、2016年4月より自由学園明日館にて公開講座「大人天文クラブ」も受講し始めました

 

ぎこぎこ・こぐこぐ天文部沿革

■2014年11月
PENTAXのカメラK-5Ⅱsとアストロトレーサーで天文部の活動開始
「ぎこぎこ・こぐごぐ天文部」開設準備進行中!
アストロトレーサーでオリオン大星雲
初めての天の川撮影

■2015年5月
理想のポタ赤「SS-one赤道儀」とタカハシの屈折望遠鏡「FC-76DC(展示アウトレット品 笑)」を導入
「FC-76DC」が初天体望遠鏡になったわけ
初めての赤道儀、理想のポタ赤「SS-one赤道儀予約」
理想のポタ赤「SS-one赤道儀」開封の儀
SS-one赤道儀+FC-76DCでのファーストライト

■2016年2月
いよいよガイド撮影 SS-one AutoGuider導入
SS-one AutoGuiderがやってきた!

■2016年4月
大人天文クラブ公開講座受講開始
すっげぇ良かった!大人天文クラブ受講開始!

■2016年7月
Vixen「GPD赤道儀」中古購入
新赤道儀GET! iOptron?Sky-Watcher?もしかして・・・
GPD赤道儀SS-one化!ケースはやっぱり工具箱?

■2016年8月
反射望遠鏡セレストロンC8-N導入
宇宙を観る!眼視用望遠鏡に悩む
長(中?)距離迫撃砲セレストロンC8-N実戦配備完了!

■2016年11月
マクストフカセグレンSky-Watcher「BKMAK150」中古購入
反省!買い物依存?天体望遠鏡はもう買いません!?
最後の購入!?天体望遠鏡はもう買いません?BKMAK150紹介編

■2017年1月
非冷却CMOSカメラZWO ASI290MC導入
合わせてSS-one CMOS Captureも導入
非冷却CMOSカメラASI290MC 略して「シーモス君」ファーストライト!

 

ぎこぎこ・こぐこぐ天文部機材構成

■ポータブル赤道儀
ほんまかさん製 理想のポタ赤「SS-one赤道儀」

■赤道儀
Vixen GPD赤道儀改(SS-one化)

■オートガイド
ほんまかさん製 SS-one AutoGuider

■ガイド鏡
75mm Cマウントレンズ

■ガイドカメラ
ASI120MM

■CMOSカメラ専用撮影機材
SS-one CMOS Capture

■天体望遠鏡1
タカハシ FC-76DC

■天体望遠鏡2
セレストロン C8-N

■天体望遠鏡3
Sky-Watcher BKMAK150

■双眼鏡
Vixen ニューフォレスタ HR 8×42WP

■デジタル一眼レフ
PENTAX K-5Ⅱs(無改造)

■追尾装置
PENTAX アストロトレーサー O-GPS1

■ミラーレス一眼
FUJI X-M1

■コンデジ
Panasonic DMC-LX7

■CMOSカメラ
ZWO ASI290MC(非冷却)

■カメラ用三脚
BENRO A4570T

■経緯台?
ミザールテック K型微動マウント

■カメラレンズ1(新しいレンズ)
SMC PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR(キットレンズ)
SAMYANG 85mm F1.4

■カメラレンズ2(オールドレンズ)
SMC PENTAX-M 50mm F2.0
SMC PENTAX-M 135mm F3.5
SMC PENTAX-M 200mm F4.0
XR RIKENON 50mm F2.0
XR RIKENON 135mm F2.8
COSINA 135mm F2.8 MC
Takumar 200mm F3.5 M42

■ソフト関係
ステライメージ7
Photoshop Elements13
skySafari4Plus、5Plus

投稿日:2016-10-10 更新日:

Copyright© ぎこぎこ・こぐこぐ , 2017 All Rights Reserved.